県中東部

2023年12月 7日 (木)

因島 龍王山~白滝山 ④

 道路両側の尾根の張り出しを見ても、間違いなかろう。そんなことを考えていると、右に上る道路と「白滝山登山道」の大看板。これDscf6002じゃの。道なりに上って、白滝山荘を過ぎたあたりから北へ折れる道を上って行くと、「白滝山登山口」。さらに進むと、石段があって、丸顔で太めの仁王像のある仁王門。その先、左右に並ぶ石仏もちょっと太めじゃの。

 さて、歩をユルめぬよう、心して上っていると、何やらヒトの声。そして、参道と遊歩道との分岐。ここは参道の方へ。景色を眺めがら進んで行くとやがて、合流点に。遊歩道が上って来とるはずの分岐は、「参道」になっとるで…。さらにその上には、表参道と裏参道の分岐点。「山頂100m」になっとるの。

 行きは、表参道を通ることに。しばらく上ると、寺の建物が見えてきました。すぐそばの見晴台から見下ろす人たちも…。そこへ乗り上Dscf6015げて、山頂まで一気に上ります。数組の人たちとすれ違い。何となく、あいさつを交わす雰囲気ではありませんが、それでも、そのうち何人かとは…。さてと、寺の西端、白滝伝説の説明板の前で、昼メシをとることにします。

 準備をしていると、他の人が、右に回って覗きこんでいます。何があるんかのと見ると、「恋し岩」。はぁ、ここに安置されとったんか。さて、気温14.8℃、湿度45%。そろそろ、ホットコーヒーの要る季節になるかのと思いつつ、オムスビとユデ卵を食べます。時刻は12時06分に。計画では出発は11時59分。後は下る一方じゃけん、何とかなりそう。

 そう楽観して、下りて行きます。まず、裏参道へ。ウサギ岩とか、カエル岩とかの奇岩の前を通って、例の分岐を参道側へと進みます。Dscf6018すると、くぐり岩を過ごして、道はやや荒れ気味に。すると、「ヤッホー」と叫ぶ4~5人の親子連れ。すれ違い様、「声が返ってきた?」と訊ねると、「海に吸い込まれたのか、返ってこんかったね」との母親の答え。

 そこからまもなく、合流点。そして、仁王門を前後する石段を下りて行くと、下山口。さて、ここは計画どおり、左の道を進んでみます。若干心配しとったけど、歩いてみると、ちゃんと予定ルート。やがて、県道を抜けて、龍王山登山口のあった小路に入ってきました。「8㎞弱なんじゃが、結構疲れるのぅ」の思い。

 ようやく、重井港に着いたのが12時55分。計画では13時00分。次の船は13時16分じゃけぇ、ゆったり、間に合うたの。この帰りのDscf6026高速船でも、東南アジアっぽい男性と同乗したけど、ちょっと、話をするきっかけがつかめんかったで。さてと、三原港に着いて駅へ向かう道々、タコ足天ぷらでも買うかと思うたけど、1本850円じゃったけぇ止めた。

♊ :(了)

2023年12月 6日 (水)

因島 龍王山~白滝山 ③

 鷺港を経て、重井港に到着。降りるとき、その「スカーフ」の女性と譲り合いに。「おっ、チャンスじゃの」と、桟橋に乗り上げてかDscf5980ら、話しかけてみます。「イスラム?」と問うと、「そう」とのこと。「ひょっとして、インドネシアから」と聞くと、これも是。そこで、何とか思い出した「サラマパギー」を言うと、嬉しそう。

 「日本の冬は寒いじゃろ」と重ねます。こちらは「今日は山歩き」と伝え、会釈を交わしてそれぞれの方向に…。さて、こちらは初っ端から、ルートファインディングじゃ。そう、慎重になりつつも何とか、計画どおり民家の間を抜け、龍王山ルートに入ったよう。墓苑を見ながら寺の位置をはかり、歩き進めていきます。

 やがて、山道に入るとまもなく、斜面を横に進む細い道。それでも尾根に出ると、広くなってきました。じゃがしばらくは、結構な勾配じDscf5981ゃの。進みながら、東への分岐点を探します。すると、石仏があって、それらしき分岐。荒れ気味じゃの。ま、それはそれで覚悟はしとるが…。そんなことを思いつつ、しばらく歩くと、再び勾配が増してきました。

 「何、あともう少し」と自らを引き締めて上ります。そしてようやく龍王山ピーク、時刻は10時14分。計画の9時52分より、22分オーバーか。ま、上りじゃったけぇ、こんなもんじゃろ。そう楽観しつつも、ひと息ついた後、下山ルートを心もち速足で歩いて行きます。東西分岐まで思いのほか長かったけど、ようやく到達。

 さて、このヤブ道を下りるぞ。結構なカン木と下草、そして、ときおりサルトリイバラの類も…。じゃが、尾根すじ。足元には何とかDscf5988、道のようなものが続いとるんじゃ。「行けるぞ !!」。そんな難儀を凌いで、たどり着いた林道出口は、もっと鬱蒼としたヤブ。乱れ階段は、続いてはおるけど、まっすぐ下りれそうにない。

 その右横にあった下りれそうな空間。これをたどって、何とか下り立ちます。時刻は10時46分。白滝山山頂には11時39分の予定か、昼メシを入れると11時59分発。よし、とにかく急ぐぞ。しばらくは、林道歩き。とは言うものの、地図をチェックして進路を確認しながら、歩を進めていきます。

 今日はほぼ、間違いなくルートの読み取りに成功。ニワトリの鳴き声のする、養鶏舎のそばを抜ける道。やがて、民家の間を縫って、Dscf5998県道の橋を渡ると、「白滝山登山口へ」の標示板。北へ向かう道路なんじゃが、歩いていくうちに、ここでエエんかのという思いに…。そこで、地図とコンパスでチェックしてみます。

♊ つづき:因島 龍王山~白滝山 ④

2023年12月 5日 (火)

因島 龍王山~白滝山 ②

 すると、合わせて自動改札機を通すことができるらしい。さてそれにしても、今日は買い出しのときからちょっと、脚の調子がいまひとつの感。じDscf5964ゃが、何とかなろう。そんな気持ちで、出発。西広島駅で駅員に、イコカを掲げて、「新幹線に乗るには、これに自由席券を足せばエエんじゃね」と確認。たまたま残高のあったイコカには、往復運賃分の追加2000円をチャージ。

 そして、新幹線チケットを買わむと自動券売機に臨んでみますが、これがどうも、片道切符が買えんのじゃ。エエィ、それなら、さっき駅員から話のあった広島駅の新幹線窓口で買お。そう割り切って、改札を通るとき、駅員にその旨伝えておきます。さて、じゃが、広島駅に着いてから新幹線に乗り換えるまでに、時間がどれほどあろうか。

 メモをチェックしてみると8分間。こりゃぁ急がにゃいけんの。そう思いつつ、ほぼ定刻に着いたようなので、「だいたいこっちの方じDscf5972ゃったはず」と、「すばやく」新幹線口へと向かいます。おう、みどりの窓口があったで、その旨伝えて切符を受け取らむとすると、金額が2330円。片道のこだま自由席券990円のはずじゃのに、エライ高いの。

 そう、窓口の係員に訴えると、イコカは使えんとのこと。結局、改めて西広島駅からの普通乗車券と自由席料金を足したものを支払うことに。もはや時間がないから、とやかく言うとれん。サッサと支払うて、ホームへ向かいます。乗り上げて、自由席の車両位置を探していると、その「こだま」が入ってきました。

 「こだま」とはいえ、列車の頭は「のぞみ」なみに尖っとるんじゃの。そんなことを感じつつ後ろに進んで、何とか3号車に乗り込みDscf5976ます。おりゃ、結構空いとるで。ゆったりと3人席に座って、リクライニングを倒すことに…。ここで、前データを書き出しておきます。さてと、乗車時間は短いんじゃ。東広島駅の次が三原駅。

 列車を降りて、改札口を二度くぐり、駅前へ出て港へ向かいます。前回通ったので、様子は分かるんじゃ。地下道を抜けて、まもなく港にたどり着きます。桟橋は、あそこじゃったはずと見当をつけて、そのたもとの通用口にある自販機で切符を購入。外のベンチで待つ「スカーフ」のようなものを被った女性。ひょっとしたらイスラムかの。

 そんなことを思いつつ、ちょっと寒いので待合室の中に入って待つことに。やがて、時刻になった。待っていた連中が、先に出たのでDscf5978、それについていきます。さっきのイスラム女性も自転車をおして、こちらの前を進む。まもなくやって来た高速船に乗り込みます。港を出ると、急にスピードアップするの。

♊ つづき:因島 龍王山~白滝山 ③

2023年12月 4日 (月)

因島 龍王山~白滝山 ①

2023年11月12日
天気:曇り
気温:13.8~20.0℃
湿度:39~50%
風速:1.3~2.8m/s(生口島)

重井港9:24-龍王山登山口9:45-東西分岐10:08-龍王山10:14-東西分岐10:24-林道取付き10:46-白滝山登山口11:28-参道分岐11:33-白滝山11:47-平和一神・磨崖仏11:50~12:06(昼食16分間)-白滝山下山口12:23(推定)-重井港12:55

 さて調整日の今日、この前の定例日が岩国山脈13.7㎞じゃったから、ちょっとユルメの因島、龍王山・白滝山に挑戦することに。じゃDscf5955が、遠いんじゃ。ネット情報をチェックしてみると、三原からの船便があることが判明。これを利用せむとす。ところが、JRと船便との調整が難しい。そこで二山にするか、一山にするか考えさせられる…。

 それにしても、結構な交通費がかかるんじゃ。一山ではもったいない。やっぱり二山にしよ。じゃがそうすると、帰りが遅うなってしまう。ならば、早めの出発か。じゃが、西広島駅6時46分の列車では、三原駅に8時19分に着いて、9時04分の高速船まで45分ある。駅から港まで5分と確認しとるから、早う出たうえに「大」待ちなんじゃ。耐えられんほどじゃないけどの…。

 そこで、「おでかけネット」に出とった、新幹線利用を検討してみることに。こだま自由席で990円の追加か。どうするかの。いろいろ考えてみて、出発が遅くて、待ち時間も短い。「よし、たまには豪勢に、新幹線を使うてみるもの良かろうて」と判断。じゃが、イコカと自由席券の使い方が、よう分からんの。そこでネットをチェックしてみました。

♊ つづき:因島 龍王山~白滝山 ②

2023年11月15日 (水)

高山 搦手道ルート ③

 じゃがこれもやがて、ヤブ入り。それでも下を見ると、道のようなもんが続いとるんじゃ。ネット情報では、「細竹のトンネルを潜るDscf5829」とか、カッコつけよったが、結局ヤブ漕ぎじゃの。ま、それでも前回と違うのは、「先にルートがあるはず」と確信しとること。何とか、ときどきサルトリイバラのトゲが、腕に突き刺さるヤブを凌ぎます。

 すると、広い谷に出てきました。ロープやテープが案内。やや急な勾配を乗りきって、先の尾根すじに乗りあげてみると、どうやら、目的の「西の丸」あたりか。その右にも開けたところ。「どうするかの」、逡巡したけど、行ってみることに。確かに西端のコブ広場じゃが、何の標示もないで。あまりない展望箇所をチェックして、戻ります。

 さっきの「西の丸」らしきコブ。ひょっとして、こっちは「太鼓丸」か?。さらに東へ進まむとすると、ロープの張られた急コブの坂Dscf5833。これが2~3ヵ所続きます。やがて最後のロープ坂を乗りきってふり返ると、見覚えのある支柱。おっ、ここか。この先に見えるのは、「高の丸」三角点じゃろ。よし、この新高山眺望所で昼メシにするかと思うたけど…。

 岩の座り心地は良うないし、展望もいまひとつじゃの。よし、それなら「イワオ丸」まで行かむ。そう決断して、さっと「高の丸」の高山城標示板を確認して、東へ進みます。「イワオ丸」には、11時37分到着。気温25.6℃、湿度32%。さっきの眺望所での測定じゃが、たいして変わりはすまい。ここでゆったりと本郷の街並みを眺めつつ、オムスビとユデ卵を食べます。

 今日は次のJR便まで時間があるから、「ゆっくりしよ」と、イワオの上に横になります。じゃが、しばらくすると、暑うなってきた。Dscf5840
長うはおれんの。さて、下山にかかるか。歩を進めると左にあるコブ。これも何とか言うんじゃろうけど、そもそも城跡探索じゃぁないんじゃ。歩くことに専念。そんなことで、しばらく段差に気をつけながら下ります。

 やがて、分岐。今回は非健脚ルートを下ります。じゃが、はじめの斜面通過は細道。ロープの張られたところもあったりで、安楽とは言えんの。その難所をやり過ごしてからは、割と歩きやすい山道に。九十九折れを下りていくと、合流点。ここからすぐなんじゃと思っているうちに、下山口。時刻は、12時16分。

 落ち葉を掃き清める、無口な男女ふたり組。「お疲れさま」と声をかけます。昼メシも食わず、熱心じゃの…。それから先、地図をチDscf5842ェックしつつ、本郷小の西側を下りて、本郷駅北口にたどり着いたのが、12時30分。次の便まで30分あまりの余裕。下りてくる途中、思いついて「新高山」の地元での呼び名を聞かむとしたけど、それにふさわしい人には出会わんかったの…。

♓ :(了)

2023年11月14日 (火)

高山 搦手道ルート ②

 「北側から上るつもり」とつけ加えます。すると、「向うは整備されて歩きやすうなっとるよ」とのこと。それは「好々」と、心の底Dscf5804で感じつつ、まもなく県道に合流。今日は初っ端から、脚に痛み。早々にサポーターを巻くことにしました。「香積寺入口」バス停、さらに、犬がけたたましく吠えわめく訓練所を左向こうに見ながら、新幹線高架。

 そこで、何やら電気工事。交通整理員が親切に誘導、作業員の合間を縫って通過します。しばらくすると、左に乗り上げる坂。ここ、ここ。これを上った頂点あたりに、右に下りる階段。下向うを見ると、「下二」バス停。こちら側には、バス停らしきもんは見当たりませんが、ネット情報では、わざわざこの階段を上るという記録。

 下の道路は、クルマの通りもあるギリギリの幅。上を通るのが、正解じゃろ。そう思いつつ見当つけて、左の路地を上っていきます。Dscf5808すると、つきあたりに地蔵の祠。ここじゃったの。そう確認して進む、結構な勾配。やがて、最初の右分岐。テープのようなもんはあるけど、これは無視して通過。すると、つきあたり。左側に見覚えある草深い山道。

 確かこれが三尺道。今回は、これを右に行くことにしとるんじゃがと、足を向けてみます。やがて、墓苑。確かこのことが、ネットに記されとったの…。そんなことを思っていると、まもなく城絵図の書かれた案内板。「これこれ!」。この右を上るんじゃったな。しばし、舗装された広い道じゃったんじゃが、だんだん草っぽうなってきた。

 ま、それでも、九十九折れの広い道が続きます。途中にある「地籍調査」のピンクテープに惑わされぬよう、道をたどって行くとやがDscf5816て、ガレ。さらにそのうち、落ち葉だまりに。滑らんように気をつけて、歩を進めます。先ほどの爺さんの言葉に反して、荒れてはきますが、その広い道らしいものは続いとるんじゃ。急勾配じゃがの…。

 何度か折り返して、ようやく尾根すじに乗り上げ。予定どおり、二の丸と北の丸の境の鞍部。ここはひとまず、北の丸へ。その標示板まで行き、展望箇所をチェックして引き返します。そして、さっきの鞍部、この前たどったルートを進みます。前回よりさらに草茫々になっとるような感じ。何とか、かき分けて進みます。ま、道のようなものはある。

 この前、よう確認せんかった案内板。よう見ると、「北の丸」への文字。これじゃぁ、あてにはならんの。たぶん、この左の鞍部がDscf5822、たぶん「馬場」なんじゃが、何の標示もないで。それに、細竹ヤブ。エエィ前に進まむ。この前は、左側の山手を進んでヤブ入りしたような記憶。ここは、右側にある、道のようなものをたどることにしよう。

♓ つづき:高山 搦手道ルート ③

2023年11月13日 (月)

高山 搦手道ルート ①

2023年10月25日
天気:晴
気温:22.5~32.0℃
湿度:28~46%
風速:0.4~2.2m/s(本郷)

本郷駅9:59-搦手道登山口10:39-北の丸10:55-西の丸11:18-高の丸11:34-イワオ丸11:37~12:00(昼食休憩23分間)-分岐12:06-塔の丘下山口12:16-本郷駅12:30

 この前の調整日に十方山を歩いたので、3日後の今回定例日は安楽コース、高山行(総距離4.64㎞)とすることに。前回、難儀した乱Dscf5796調を正すことが目的なんじゃが、それは全体から見ると、ほんの少しだけ。ネットで調べたり高山城のパンフを見たりして、いろいろ検討してみたけど、その修正が正しいかどうかは、実際に歩いてみんことには…。

 そんなことで、いろいろチェックしよったら、搦手道そのものを通るルートがあることを発見。前回上ったのは、「三尺道」じゃったんじゃ。「搦手道」ルートを上がると、「扇の丸」や「本丸」、「二の丸」は省くことになりますが、山歩きとしては面白そう。そこで今回は、「北の丸」と「二の丸」との間のルートを、慎重にたどってみることにします。

 ささて、本郷駅から出発したのは9時59分。今回は前回の教訓を踏まえて、北口から。東下岡にあった分岐をうっかり、右へ下りかけると、前方には線路。「これは違うのと」引き返して、軌道修正。分岐に戻ってしばらく進むと、民家から下りてきた爺さん。これから農作業か。「仏通寺へでも行くんかね」の問いに、「いや、今日は高山へ」と答えます。

♓ つづき:高山 搦手道ルート ②

2023年9月28日 (木)

高山 反時計回り ④

 そしてそこからの下りが、結構な急勾配の岩場。滑らんよう、足元に気をつけながら歩を進めます。情報子の言うように、安直なルートじDscf5601ゃないのぉ。ま、それでもやがて、さっきの分岐ルートとの合流点。ここからは、比較的ユル道なんじゃ。そして、そこからはアッと言う間に、草茫々の下山口。今日は住宅地を横切って下りることにしとるんじゃ。

 間違わんよう、曲がり角に気をつけて慎重に下りて行きます。それにしても、結構急じゃの。やがて、本郷小学校を左に見ながら踏切に。さらに東に戻って、本郷駅南口に到着したのは、12時43分。次の列車は13時07分。今日は散々、迷走したにもかかわらす、ゆったり間に合うたの。めでたし、めでたし。

♎ :(了)

2023年9月27日 (水)

高山 反時計回り ③

 すると、グルっと回って…。とはいうものの途中、結構な段差や斜めに進路を塞ぐ木など、歩きにくいところもありましたが何とか、Dscf5582さっきの分岐近くに戻ってきました。さて、そこから先へ進みます。左にも道はありましたが、まっすぐ乗り上げて、「本丸跡」。さすがに、さっきよりもっと広い平地から「二の丸」。さてこれは、どこへ向こうたらエエんかの。

 地図をチェックしてみると、北東の端を通って、左に折れることになっとる。現在位置がいまひとつハッキリせんけど、その通りに進んでみよう。そう思って歩を進めていくと、鞍部。そしてその先に、道は続いとるで。まっすぐ行ってみよう。下りて上ると、「北ノ丸」とやら。さらに、先の方まで回ってみますが、足元は急斜面。まともな下り道はなさそう。

 尾根の先端から、下り道を探しさがし、少し戻ってみます。結局、さっきの鞍部に帰ってきてしもうた。この先、どこから進むべきかDscf5587。あたりをチェックしてみます。すると、その鞍部から南へ向かう道のようなもの…。これかの。ま、とにかく、歩けそうなところを進んでみようと、若干戻って、それをたどってみることにしました。

 かなりヤブっぽいけど、道のようなもんは続いとるんじゃ。ところが、浅い谷に入ると、「〇〇〇」の標示板あるところ。じゃが、それらしい広場もないで。この辺から「道のようなもの」は、「踏み跡」に変わってきました。じゃが、それもやがて、「ようなもの」になり、ついに高きをめざして、斜面の攀じ登りに。

 とにかく、上の空けたところをめざします。そんなところが、2~3段あって、やがて何とか登り着いた広場らしきところ。先を見るとDscf5592、確か「イワオ丸」の岩場。ここか…。ルートが違うとったんかの。もはや、まともな道は消失しとるんかもしらんが、ま、とにかく、ここにたどり着いたのは、11時47分。

 ここでメシにして、下山するかとも思うたけど、やっぱり、ピークまでは行かむ。そう思って、西へ進んでみます。そして、高山山頂190.2三角点「高の丸」。さらに、あの幟柱の「太鼓丸」まで行ってみることに。じゃが今日は、あの幟旗は、はためいとらんかったの。引き返して、再び山頂。木陰もあるし、ここで昼メシ。

 若干ササっぽい、木陰の岩に座って、オムスビとユデ卵を食べます。気温31.7℃、湿度41%、そよ風が吹いて心地よし。「北の丸」あたDscf5594りを眺めながら…。さて、下山にかかるぞ。イワオ丸を通って、歩を進めていくと、例の三分岐。今日は計画どおり、この前上ってきた直進ルートをたどります。尾根先で折れますが、地図での予測より幾分早めじゃったの。

♎ つづき:高山 反時計回り ④

2023年9月26日 (火)

高山 反時計回り ②

 さて、何ごともなく淡々と本郷駅で列車を降りて、出発したのは9時59分。西へ向かい、図書館前の踏切を渡ります。そして、すぐ東Dscf5555へ。左への分岐に気をつけて進む。再び本郷駅に近づいたところ、何と北口があるじゃないか。知とったら、こっちを通るんじゃったの。もはや、後悔先に立たず。そのすぐ手前に交差点があった。

 「おりゃ、ここかの」と、左へ曲がります。地図では山の合間を縫うようになっとるから、ちょっと険しい道かのと思うとったけど、住宅地を通るユルやかな坂。じゃが途中、分岐があって、選択を迫られるところも…。それを何とかやり過ごして、仏通寺川沿いの県道に下り立ちます。ここからも勾配はユルめですが、延々と続く。

 前方の岩山、交差点や新幹線の鉄橋などで、自らの現在位置をチェックします。やがて、左に分岐しつつも、県道沿いに上る坂。これDscf5558かの。それにしても、地図には、この分岐道は書かれとらんで。右下に広がる平地と、そこを走っている道路の様子から推し量ってみます。たぶん、ここらじゃろ。一応、坂の先まで下りてみましたが、そこには分岐なし。

 戻って、そんならここじゃろうと、上に通じている道。先の曲がり角には、祠もあるから、大丈夫じゃろ。途中に分岐、あまり参考にならん地図と、山勘に頼って進みます。すぐその上にも分岐。左奥には草茫々な山道のようなもの。右の道の方がハッキリしとるけど、こっちは右側の低い尾根に進む林道に通じとるよう。

 ここは左じゃの。だいたい、何ひとつの案内もないんじゃ。進んだ荒れ山道、おまけに結構な急勾配。そしてもはや、ヤブ状態のとこDscf5571ろも…。それでも何とか、下草の陰に見える道のようなものをたどって上ると、急に整備されているようなキレイな山道に乗り上げました。地図をチェックして、ルートに乗っていることを確認。

 折り返しながら、見晴らしの良い尾根に乗り上げてふり返ると、仏通寺川沿いに歩いているとき見上げた岩山。ここから見ると、異様に突き出しとる。後から調べてみると、新幹線トンネルが貫く「毘沙門山」というらしい。177mの標高とか。さて、ここまで快調に上っていきましたが、今度はササヤブになってきました。

 それでも、山道らしきものをたどることはできます。やがて、分岐。左にコブに上がる道。とにかく、高いところへ上がってみようとDscf5576、乗り上げてみると、「扇の丸」。広場にはなっとるが、どこから下りたらエエんかの。いざとなれば、上ってきた道じゃが、まず、周囲を探索してみよう。すると、ほぼ対極に下り口があったので、そこをたどってみます。

♎ つづき:高山 反時計回り ③

より以前の記事一覧

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ