☆★つぶやき★☆

2024年2月 1日 (木)

山歩き中断の自己分析

2024年1月31日

 このところ、山歩きがストップ。1月17日は、すでにアップしたとおり、牛田山ラストリベンジをめざして出かけたんじゃ。県庁前駅手前の広場で、どうも左脚の調子が、いつにもまして良うない。そこで、しばし大腿四頭筋のマッサージ。すると、やや楽になったので、何とか行けそうと判断して、アストラムラインに乗車します。

 じゃが、不動院前駅で降りて、登山口に向かわむと歩を進めてみたところ、何とほんのちょっと歩いただけで、かなりの痛みに。こりゃぁこの先、とても歩き続けられそうにない。そう思って早々に、この日はそれ以上粘らず中止。そして、次の1月24日の定例日。気温が下がって雪が降るという予報じゃったんじゃ。

 朝の買い出しのときも、結構な寒さ。そして午前8時すぎ、山々の稜線を見渡してみると、白い点が連なっとるで。雪の降り方は、大したこたぁなさそうなんじゃが、この日は最高気温でさえ、3~4℃くらいとの予報。こりゃぁ、止めとこ。体調が良かったら、「これくらいのこと」と行ったかもしれんが、この時は、「賢明な」決断をすることに。

 そして、迎えた今日。1月31日の定例日。この前のヒアルロン酸注射の日、これまで診察の場では、山を歩いとることは、ひと言も話したことはなかったんじゃが、医師からではなく看護師から、治療を受けいている期間は山歩きはせん方がエエですよとの忠告。なんでその個人情報を知っとるんかとの疑問もあったけど、まぁ、面従腹背で頷いておく。

 じゃが、山歩きを休んだからいうて、傷んだ関節が治るわけではないんじゃ。それなら、調子がエかったら歩くで。そう、密かに思いつつ今日の日を迎える。広島南アルプス縦走の日程も詰んどんじゃ。何とかせんにゃぁいけんばい…。そんな焦りもあるけど、ところが今日は、雨の予報。しかも、降水の時間帯が、時を追ってコロコロ変わるんじゃ。

 午前中早いうちなら何とかなると思うよったら、そうでもないらしい。そうはいうても小雨じゃけぇ、何とかならむと思いはするものの、やっぱり、左脚には痛み…。もはや、アルキニストの命運は、ここで尽き果ててしまうか…。じゃが、そんな悲観は止めとこぉ。「そうなったらそれ…」そう覚悟しつつも、じゃが、次善、次々善の策を講じて、そのうち何とかするぞ。

♌ :(了)

2020年7月14日 (火)

Game of Danger

 そのうちいつか、途中で購入した弁当や野菜を撒き散らすことになるかもしれない。そう思いつつも、だんだんエスカレートする危険遊戯。昼前の帰り道、自転車で橋の高みから下ります。自宅のある集合住宅まで走り抜ける道程。

 途中、クルマが入る国道2号線沿いの通路がふたつ。コンビニに出入りするクルマや人も。さらに、カギ交差点もふたつある危険なルートです。はじめは傾斜にまかせて下りていましたが、最近では、坂の途中で加速することも。

 今回も、雨上がりでしたが、いつものとおり、ペダルをこぎながら、下りて行きました。ふたつ目の進入路にクルマ。その後を追尾しようとします。ところがここで、思い出せないスピードで転倒。その瞬間のことは記憶にありません。

 それから、両手を着いて、額をズリッと道路にこすり付けたところは、ハッキリと覚えています。そして、額からかなりの出血。ハンカチを、ズボンの尻ポケットから引っ張りだして拭いますが、なかなか止まりません。

 2~3人、駆け寄ってくれた気配。しばらく座ったままでしたが、出血が落ち着いたので、立ち上がってみると、自転車が起こされていました。但し、荷物はぶら下がった状態でしたが・・・。助けてもらった人々に対して、感謝の言葉。

 しかし、ひとりひとり、顔を見る余裕はなし。何とか自宅の駐輪場へこぎつけましたが、身体中が痛い。毎度の昼飯は食べ終えたものの、しばし、横になって、傷口からの出血をぬぐいながら、身体を癒します。

 そのうち妻が帰宅して、傷を洗うことに。これがまた痛い。応急手当の後、夜になって病院へ行くことになりました。擦過傷なので、消毒してテープを貼るだけなのですが、専門家に処置してもらえるという安心感。

 若いころに見たブルースリーの未完作『死亡遊戯 Game of Death』にちなんで、『Game of Danger』と心の底で呼んでいた、この遊び。もうそろそろ終わりにするか。じゃが、もう一か所、早朝にあるんじゃ。こっちは大丈夫じゃろ。

🚩 :(一話完了)