« 生城山 反時計回り ① | トップページ | 生城山 反時計回り ③ »

2024年6月 4日 (火)

生城山 反時計回り ②

 やがて、バスは出発。アメリカ軍の「弾薬庫」バス停を通りすぎて、北へと向かいます。12分ほどの距離なんじゃが、それまでの間、Dscf7385停留所が結構あるんじゃ…。「長いのぉ」と思いつつも、ようやく六日市バス停に到着しました。そして、足を踏みだしたのが、10時42分。一度歩いた勝手知ったる道を、光源寺まで進みます。

 もはや、シバザクラの季節は終わっとるの。寺の門前でハイキングバージョンに切り替えて、右にある東ルート登山口へと向かいます。モルタル階段の前には軽トラ。そのそばを通り抜けて上っていくと、平らなところ。ここで、さっき忘れとったサポーターを、両膝に巻いておきます。歩を進めて行くと、生城山登山口の標示板。

 さて、ここからじゃと思いつつも、はじめのうちは、割と歩きやすいユル坂が続きます。ところが、ロープの張られた斜面を右へと伝うDscf7394あたりから、勾配が増してきましてきました。汗しながら、しばらく上っていくと、前上方の森の上に空が見えてきます。すわ、山頂近しか…。この手の錯覚が、何度か。じゃが、まだまだ先なんじゃ。

 そのことに、いちいち落胆することなく、歩を進めて行きます。すると一旦、ユル鞍部に下って、それから覚えのある急坂に。これまでよりキツイで。ま、これは覚悟しとったところ。とはいうても、長うは続かんのじゃ…。さて、コブに乗り上げたけど、まだこれはピークじゃないの。ちょっと進路が分かりにくいので、ルートファインディング。

 右側奥の坂。これをロープを伝って乗り上げるとやうやう、山頂広場にたどり着きました。おっ、この前より草がスッキリしとるで。地元Dscf7399の「光源寺仏教壮年会」の人たちでも、ボランティア作業をしてくれたんかの…。今日は、北西側にあるベンチに腰かけて昼食をとります。気温24.2℃、湿度36%、結構な日差しはあるけど、ときおり吹く風が涼しい。

 オムスビとユデ卵をゆったり食べて、19分間。帰りのバス便まで、かなり時間があるので、このピークで若干の昼寝をせむ。とは言うても、20分ほど。風が止まると、暑さを感じるんじゃ。適当に切りあげて、周囲の山々を同定せむとしますが、あまり見慣れぬ山々、エエ具合にいかんの。そんなことで、出発は12時23分。

 じゃが、はて、下り口はどこじゃったかいの。ようよう探してみると、左側にあったロープの張られた薄暗い道。これじゃの。そのローDscf7400プを伝いながら、湿った落ち葉の溜まった急坂を、滑らんように踏みしめて下りていきます。それがしばらく続きますが、やがて、勾配がややユルんで、ロープなしの道に。

♌ つづき:

« 生城山 反時計回り ① | トップページ | 生城山 反時計回り ③ »

東広島・呉・熊野」カテゴリの記事