« 生城山 時計回り ② | トップページ | 小田山 十畳岩~林道ルート ① »

2024年4月25日 (木)

生城山 時計回り ③

 そう思いつつ下りていく、滑りやすい急坂。ロープが途切れてもしばし、段差もある急勾配が続きます。その艱難辛苦を耐え忍びつつ、Dscf7104しばらくすると、ようやく治まってきはしましたが、まだまだ…。それからも辛抱を続けていくいちに、やうやう幅広のユル山道に。じゃがこれからの道程、結構長いんじゃ。まだかまだか、という気分に。

 ひょっとして、方角を間違えて、別の尾根を進んどるんじゃなかろうかという疑惑。じゃが、コンパスチェックすると、進路は確かに東。間違いないの。このまま下れ。それからルートが右へ折れること、2回ほど。だんだんユルくなるにはなるんじゃが、後半ルートは1.5㎞と前半より短かったはずなんじゃが…。そう思いつつも、とにかく道なりに下りていきます。

 やがて、前方に墓地。そういやぁ、下り口は寺の横になっとるから、さもありなむ。いよいよ下山口に迫ってきとるかという期待。じゃDscf7109がそれからも、結構な道程じゃったんじゃ。それでも何とか、平らなところにたどりついて、右下にはあの光源寺。そして、尾根の右をたどってモルタル階段を下りて、やうやう下山口に到達しました。

 「よし」と思いつつ、寺の下の段に咲いた見事なシバザクラを鑑賞して、バス停へと向かいます。じゃが、県道上のバス停では、ハイキングバージョンの解除も難儀かもしれん。それに、脚の痛みもあるし…。そう思って、途中の道端に連なるアスファルトの盛り上がりに腰かけ、大腿四頭筋停止部のマッサージと、温湿計チェックなどを済ませます。

 そうこうして、六日市バス停に着いたのが、13時18分。予定のバスは14時18分発。まだ1時間あるの。バス停にはベンチもないで。そDscf7111ういやぁ、さっき通りすがりに、何とかいう古民家カフェとやらがあったけど、どうすべや。半ばそう迷いつつも、ここも道端に盛り上がりがあって、何とか座ることができそう。しかも、陽が当たっとって温いんじゃ。

 車道とは歩道で隔たっとるし、ま、ひとまずここで、山歩きデータの書き出し実行。日差しはほんの少し暑めで、スリーブレスで座とっても大丈夫。アリがたかってくるけど、ま、何とかなるで。かなり書き込んだところ、バスの時刻が近づいたので立ち上がって待ちます。じゃが、これがなかなか来んのじゃ。

 定刻の5分過ぎまで記憶しとったが、それから先は…。八本松駅での乗り継ぎ時間は8分しかないんじゃ。JR便に間に合うかの。そんなDscf7127不安を抱えつつも。「ま、山陽本線じゃけぇ、なるようになろぉ」と楽観して、やって来たバスに乗り込み、車窓からの景色を眺めて過ごします。PFASで報道されとる宗主国の「弾薬庫」前を通りすぎて、八本松駅に到着。

♉ :(了)

« 生城山 時計回り ② | トップページ | 小田山 十畳岩~林道ルート ① »

東広島・呉・熊野」カテゴリの記事

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ