« 牛田山 ラストリベンジ達成 ② | トップページ | 牛田山 ラストリベンジ達成 ④ »

2024年2月14日 (水)

牛田山 ラストリベンジ達成 ③

 上の縦走路を歩く2人、あいさつの声をかけますが、聞こえんかったのか無視して通過。さらに下の道を、こちらに向かってくる3人。Dscf6627先頭者が足元ばかりを見ているので、少し早めに声をかけて、こちらの存在に気づいてもらいました。すると、その女性から「反省」の言葉…。すれ違って、歩を進めていくうちに、さらにすれ違う5~6人。

 11時前の下山じゃけぇ、みんな山散歩なんじゃろうの。そんなことを思いながらやうやう、牛田山山頂にたどり着いたのは、10時43分。大分早いけど、脚の休憩も兼ねて、ここで昼メシじゃ。たまたまか、この瞬間は無人。上着に首を通し南側のベンチに腰掛けて、定番のオムスビとユデ卵を食べていると、近づいてきた年配の女性ハイカー。

 「美味しそうなものを食べとるね」と言いながら、いま何時ですかねとの質問。腰の時計を見て、10時50分くらいと、大雑把に答えまDscf6629す。さらにその後すぐに、こちらの名前を聞いてきました。あまりに唐突に感じたので、「それは、何のためですか」と聞き返します。すると、何やら人の名前と日付を記したノートを見せて、出会った人を書いとるとのこと。

 それがどう関連するんか、広島市のいきいきポイント手帳に、スタンプを押してもらうときに使うらしい。それを集めて、これまで何回か、金一万円をゲットしたとのこと。楽しみにしとるらしい。名前を書くこととの関連が、よう分からんのぉと思よったら、彼女はそれ以上押してこんかったんじゃ。こちらにも、手帳は送られてはくるが、使うたことはない。

 そう伝えると、「お金がある人なんじゃね」。つまらん皮肉を残して、彼女はすぐに下りていきました。さて、残りのオムスビを食べてDscf6630、ホットコーヒーで身体を温めます。さぁ、下山にかかるか。その間、数人が後を通りすぎましたが、ふれあうこともなし。さて、若干の急坂を下りると、しばしトラバース道。さらに進むと、下り摸木階段に…。

 神田山までは結構あるんじゃと覚悟はしていたものの、その想定を超える、結構な道程。途中2~3回、左膝マッサージをしつつ、乗りこえていきます。そしてやうやう、無人の神田山にたどり着きました。斜めに切れている岩に座って、ひと休み。コーヒーを飲みのみ、左膝をなだめます。すると、そこへ上ってきた女性ハイカー。

 あいさつを交わすと、他に適当な場所がないからか、すぐ後ろでモゾモゾと上着を脱ぎながら、咳きこみ。「こりゃ、たまらん」と、ちDscf6632ょっとばかり急いで、それでも、もうひと口コーヒーを飲んで立ち上がります。「上りは熱かったでしょ」と話しかけると、その人、雨が降ったんでカッパを着とったとのこと。

♍ つづき:牛田山 ラストリベンジ達成 ④

« 牛田山 ラストリベンジ達成 ② | トップページ | 牛田山 ラストリベンジ達成 ④ »

太田川東流域」カテゴリの記事