« 絵下山 小屋浦~坂小学校 ④ | トップページ | 牛田山 清涼ルート再挑戦 ① »

2024年1月17日 (水)

絵下山 小屋浦~坂小学校 ⑤

 山頂標示柱は、「高尾山」。どうなっとるんじゃったかの。説明版には、坂町からは高尾山、矢野町からは茶臼山と呼ばれていたらしいDscf6534ことが書かれています。しかもこの城山、後醍醐天皇派(おそらく貴族派)じゃった熊谷氏を武田氏が滅ぼした後、ここに入城した盟友?野間水軍。これを宿敵、毛利元就が落としたとのこと。標高は233mか。ここの展望台で坂の町並みを展望。

 そして、下山にかかります。途中に突き出たコブがあったような記憶。じゃがそれは、無かったの。他の山との勘違いじゃろうか、基本的に遊歩道。じゃが、下り階段はところどころ苔むしとるので、滑らんよう足元に注意しながら下りていきます。やがて、どん詰まりになって、左へと折れる坂。ここからの案内標示は、乏しくなってきます。

 道なりに進んでいくと、坂小学校への分岐。これは前に間違うて下りたルート。今日は尾根沿いに右じゃ。そう思って、墓苑を抜ける道Dscf6537へと曲がります。じゃがその先、通行止めネットがあるで。どうなっとるんかの。ネットを抑えて先へ行ってみると、尾根を削って道路を造っとる最中。その先は断崖じゃった。その左右を見渡してみるけど、とても進めそうにはない。

 こりゃぁ、さっきの小学校ルートから下りるしかないのぉ。そう思って、ネットを戻して上りかけますが、待てよ。この墓苑の道から下りれやあせんか。そう思って、西へと歩を進めてみます。下の方に八幡神社が見えるで。こりゃぁ行けるかの。そう思うたけど、じゃが、一番下の墓地。道路まで10mほどじゃったが、行き止まり。

 ここの墓苑、上からしか降りれんのじゃの。せうがない。坂小学校ルートへ戻ることにしよ。若干のロスタイム…。元に戻って下りていDscf6539_20240107181501きます。この前は、どこからは定かに覚えとらんけど、右に曲がって八幡神社の前まで一応、行った覚えがあるけど、どうもその横ルートがハッキリせんのじゃ。じゃが、神社に拘ることもなかろう。

 この状況に応じて、坂小学校前を通過して坂駅へ行かむ。そう判断。若干でも遠回りになるかどうか…分らんけど、そこか総頭川沿いに、最短距離のところを選んで下りていきます。ずっと昔の知りあいの家々の所在をチェックしながら、坂駅に到着したのは、14時11分。改札口へ乗り上げてみると、次の便は14時37分発。

 しばしの待ち時間じゃの。その前が14時08分じゃったんか。この3分間を、後からいろいろ悔やんだとしても、もはやせうがない。こDscf6544_20240107181501れに甘んじるしかなかろう。そう思って、ちょっと寒うなってきけどホームのベンチで待ちます。今日は、山歩きデータを書き出す気分にはならんの。そう割り切ってしばし、心と身体を休めることに…。

♈ :(了)

« 絵下山 小屋浦~坂小学校 ④ | トップページ | 牛田山 清涼ルート再挑戦 ① »

絵下山系」カテゴリの記事