« 広島南アルプスショートコース順縦走 ④ | トップページ | 高城山 みどり上~鴨の巣 ① »

2023年10月27日 (金)

広島南アルプスショートコース順縦走 ⑤

 それでもやがて、鬼のさんぽ道に。当初の予定どおり近道は通らず、パノラマルートを上っていきます。じゃがそれでも、下るときと違うDscf5703て、結構堪えるの。そんなことを感じながらもやうやう、鬼ヶ城山にたどり着きました。ここでも、ひと休みしよう。水分補給。さぁ、いよいよ最後の東峰じゃ。道行地蔵まで下りて、よし、東尾根を上らむ。

 そう思っていると、追いついてきた男性。「おっ、速いの。先行させるか」とあいさつを交わしたら、南の方へ下りて行きました。それならそれ。ここも、いつもの段差のある急坂は避けて、ユルルート。そして、鉄塔下の鞍部から、ロープを適宜使いながら上っていきます。それから先、はじめのうちはユル坂なんじゃが、東斜面に近づくと勾配が増す。

 ま、それはすでに覚悟の上。これを乗りきって、鞍部から斜面に向かいます、山側のユルルートを選んで歩きますが、谷側と大した違いはDscf5705なかったの。そしてやうやう、鈴ヶ峰東峰に到着。この天気じゃに、めずらしく誰もおらんの。そんなことを思いながら、景色を眺めながらひと息、早めに完歩祝いもして、下山にかかります。

 夏雨の影響は、さほどなさそう。下山口に近づいたあたり、上の大看板。この陰に、木杖を納めておきます。次に歩くとき、まだあったら、使おう。そんなことを考えつつ、憩いの森下山口。時刻は16時14分。前回5月3日の15時35分より、40分近い遅れか。あの時も、さほど脚の調子は良うはなかったんじゃが、これか…。

 ま、今日は傷み半あがりじゃけぇ、こんなもんじゃろ。それにこれは、後から比較してみたこと。今日は何より、この脚の状態で歩きとおDscf5707せたことを喜ばにゃぁならんのじゃ。何とか全コース行けたで。ちょっとした痛みはあるけど、大丈夫じゃったの。ま、それほど悲観せんでも、この先の里山探索も何とかなろう。

♐ :(了)

« 広島南アルプスショートコース順縦走 ④ | トップページ | 高城山 みどり上~鴨の巣 ① »

やまなみコース縦走」カテゴリの記事

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ