« 岩滝山~船越峠 再挑戦 ② | トップページ | 岡村島 甲ノ峰 ① »

2023年3月 6日 (月)

岩滝山~船越峠 再挑戦 ③

 間違いなさそうじゃ。それでも、それからしばし急降。そして、次のコブへの急登も。こげな上り下りがあったかのとは思いながらも、テDscf3749ープを確認しつつ歩を進めて行きます。やがて、それらしき竹林のようなものを右下に眺めながら、ルートはいよいよクライマックスに差しかかります。テープは右にありますが、そのまま行くと、あの竹ヤブルートになりそう。

 そこで、左にある尾根すじを見ると、何とか歩けそう。「あっちじゃろ」。そう思い直して、その尾根をたどってみます。細い馬の背のようなところをたどって行きます。じゃが、両側が切り立っとるわけじゃない。やがて、クルマの走る音が聞こえてきました。たぶん、あのあたりが下山口じゃと思うけど、ヌッツクツウでわけ分からんようになっとるで。

 しかも、湿泥。危うく足を滑らして尻もちをつきそうになちましたが、何とかこらえて下りて行きます。じゃが、横に広がった曖昧な地形Dscf3753。はて、どこから下りたらエエんかの。左から右へと下の方を眺めながら移動。すると、右端に取付きのようなもの。これじゃの。踏み跡のようなものをたどって、下りてみます。

 これがゴミだらけ。ま、とにかくこの前チェックした、あの下山口。それにしても、汚いの。ここからは、海田市駅へと向かう道路。船越からは狭いんじゃ。まぁ、それは覚悟の上。歩行者ひとりで、左に身を寄せても、クルマの離合が難しい。そして、郵便局の手前を左へ折れて、平行道をしばらく東へ。

 朝の岩滝山ルートに合流して再び、線路をめざします。じゃが、下りてからは気持ちに堪えるの。それでも我慢して何とか、海田市駅に到着しDscf3760たのは13時20分。駆けたら間に合いそうな、すぐの便があったけど、ま、予定していた13時34分の便に乗ろうと、ゆったりとホームに下りて、その列車に乗りこみます。そして、データを書き出しながら、西広島へ。

♉ :(了)

« 岩滝山~船越峠 再挑戦 ② | トップページ | 岡村島 甲ノ峰 ① »

呉娑々宇山系」カテゴリの記事

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ