« 岡村島 甲ノ峰 ④ | トップページ | 洞山リベンジ 時計回り ① »

2023年3月11日 (土)

岡村島 甲ノ峰 ⑤

 もし、途中で気を抜かんかったら、14時29分発のバスに間に合うとったかの。11分か。気を抜かんかったとしても、微妙なところじゃDscf3828ったかの。ま、あまり早う着いて、長い時間待つもの…という気分はあったのは間違いないが。いずれにしても、時刻をまるまる1時間、勘違いしとったようじゃ。いけん。今後気をつけよう。

 さて、次の便は15時13分じゃろうと思よったけど、バス停の時刻表をみると、15時16分になっとるで。おかしげな気はするか、バス停の時刻表の方が正しいんじゃろ。というわけで、さらに待って、ほぼ時刻どおりにやって来たバスに乗りこみます。確か、次に止まったのが久比。小学生が10ほど乗り込んできました。先生が運転手にあいさつ。

 運転手がそれに呼応して、バスが出発します。生徒たちは、どこでまで帰るんかの。そんなことを頭の片隅で考えていたら、三々五々。そDscf3832して最後の数人は、豊島の山崎まで。どういうことになっとるんか知らんが、結構広い範囲の通学圏なんじゃの。そんなことを考えながら、うつらうつら…。それでも、ときおり覚醒して、美しい瀬戸内海の島々をながめつつ。

 後で、知り合いのここの出身者に聞いたら、子どもが少なくなったため、小中学校は相互乗り入れ状態になっているらしい。安芸灘大橋からようやく、本土に乗り上げ。そして、広駅前でバスを降りて、駅に向かい、広島方面行の時刻を確認。まだ時間はあるの。駅のコンビニで、膝の麻酔飲料を購入。早めに入って待機する列車に乗りこんで、山歩きデータを書き出します。

♊ :(了)

« 岡村島 甲ノ峰 ④ | トップページ | 洞山リベンジ 時計回り ① »

愛媛県」カテゴリの記事

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ