« 空海展望台~十文字山 ① | トップページ | 空海展望台~十文字山 ③ »

2022年9月26日 (月)

空海展望台~十文字山 ②

 そして、そのすぐ横に寺があることになっとるんじゃが、それが見あたらん。おかしいの。ま、ひとまず神社の横に坂があるから、こDscf2326れを上ってみよ。予想より若干先細りしてきたけど、何とか先へと続いています。やがて、左右を通る道を渡って、さらに上っていきますが、ルートがだんだん怪しくなってきました。そして、ついに突き当り。

 左右に巻き道はないものかと探しますが、どうも違うような感じ。左に人の声がしたので、目を向けると、草取りをしながら犬に声をかけている女性。これ幸いと、山に行くにはどう行ったら良いか聞いてみます。すると、「空海展望台なら」と、少し下りたところから上るルートを教えてもらうことができました。

 丁寧に心からのお礼を述べて、戻ります。そして、言われたルートをたどってみると、やがて、広めの道路に乗りあげ。山の方へ向Dscf2331かう入口らしきものが並んで2本。はて、どっちじゃろうかと、ルートファインディング。どうも右らしい。それにふり返ってみると、さっきの女性が教えてくれた「子供の絵の案内板」も、ちゃんとありました。

 さて、ここからは林道、一本道のはず。安心して上っていきます。ほとんど林に囲まれていますが、ときおりある、風景が望めるところに癒されます。それにしても、ユル勾配ながら延々とした上り坂。額に汗しながら歩を進めていきます。そしてようやく、展望台分岐に。右には小さな展望広場のようなもの。そこでひと息ついて、左に折り返しているルートを進みます。

 若干荒れていて草っぽいの。しかし、勾配はかなりユルめ。やがてたどり着いたところに展望東屋。まん中に大きめの鐘が吊り下げらDscf2333れています。入口右にあるのは、空海像か。さて、周囲は木が生い茂っとるから、展望は西と南方向。西には上蒲刈島、南には、たぶんあれが十文字山じゃろ。展望台のような人工物が見えます。

 ひと息ついて、さぁ出発。先ほどの分岐までの下りルートを戻ります。そこから、南へユル坂を下って行く、あまり変化のない林道。すると、思っていたより早く十文字山への分岐に。案内板の指示と同じく、地図でもその先100mほどで、西への分岐。入らむとすると、原付のエンジン音。しばし止まっていると、女性が下りてきました。

 会釈をすると、こちらの待機に礼を言ってくれたので、返します。おそらく展望台まで行った帰りかもしれんの。そんなことを考えなDscf2337がら、十文字山へ向かいますが、さっきの案内板に1.2㎞とあったけど、やっぱり結構あるもの。なかなかたどり着かんで。それでも、到着するまでは歩かにゃぁならんけんの。

♑ つづき:空海展望台~十文字山 ③

« 空海展望台~十文字山 ① | トップページ | 空海展望台~十文字山 ③ »

東広島・呉・熊野」カテゴリの記事