« 津田鷹巣山・引寄山逆縦走 ② | トップページ | 津田鷹巣山・引寄山逆縦走 ④ »

2022年9月18日 (日)

津田鷹巣山・引寄山逆縦走 ③

 すれ違ったその保護者らしき人たちに会釈しましたが、目に入らんかったらしい。こういうときは、大声であいさつした方が良かったDscf2258かの。まぁ、どうでもエエわい。まもなく、覚えのある東屋。今日はここから上るんじゃ。小橋が通行止めのままなので、多少遠慮。狭い川を跳び越えて、坂道に入ります。

 すぐに左へ上って、折り返すと広い山道。しばし進んで行くと、結構急な勾配も。眺望のない第二展望台を過ぎて、Cルートとの合流点。そこからしばらくすると、「まだかの、まだかの」と思よった佐伯高校分岐への急坂。これを乗り越えるとまもなく、山頂への周回路分岐に。今回は右から上って、ピークには10時16分に到着。

 ひと息ついて、さぁ行くぞ。今日は勝手知ったるルート。寸分の迷いもなく、林道に下り立ちます。数日前の雨のせいか、路面はコケDscf2264 でも生えているのかツルツル、滑りそう。気をつけて進みます。カーブの塩梅で、現在位置をチェックしようと試みますが、どうも、やっぱり地図とは違うような曲がり具合じゃの。

 それでも、尾根の張り出し具合から、そろそろ左に上り口のマークがあるあたりと、注意しながら進みます。すると、ちょっとヤブっぽいところにテープ。「これじゃの」と、足を踏み入れてみます。すると、尾根すじに乗りあげ。それを左へと上って行きますが、すぐにちょっと下ったり。その右下には、ちょっとにぎやかなテーピング。

 ありゃ、こっちが取付きじゃったんか。林道からは、よう分からんかったで。ま、ここはとにかく、引寄山じゃ。コンパスチェックDscf2266すると、まっすぐ道なり。こっちを前回下りたとき、ユル勾配じゃったが結構長かったんじゃ。そう覚悟して、上って行きます。それでも、汗びっしょりになりながら。フェイントテープのある尾根をチェックしながら…。

 コブのような上りあげにも気を許さず。そしてようやく、北へ落ちる分岐ルートをスルーして、ようやく引寄山山頂に。林道取付きを過ぎたあたりから、タカってきた顔マトイ。ちょっと減ったような気がするけど、カのように、止まる奴を払いのけます。ウルサいけど、どうも血を吸う輩はおらぬらしい。斜めになった倒木に座って、オムスビとユデ卵。

 さて、下山ルートに出発したのが、11時55分。ここから下りるのは、はじめてじゃ。一旦下りてコブに上り、テープに導かれながら山Dscf2267道を伝う。それからも、やや急な下りもあるものの、何とか行けるで。じゃが、地図をみると、この先にもいくつかコブ。何度か鞍部があって、これが林道への下り口かと、錯覚させます。

♎ つづき:津田鷹巣山・引寄山逆縦走 ④

« 津田鷹巣山・引寄山逆縦走 ② | トップページ | 津田鷹巣山・引寄山逆縦走 ④ »

西部」カテゴリの記事

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ