« 応海山棲真寺 ① | トップページ | 応海山棲真寺 ③ »

2022年6月17日 (金)

応海山棲真寺 ②

 最後尾らしき人に、リムジンバスの列かと聞いてみると、違うとの応え。おかしいの。そこで、中程まで戻って、別の人にたずねてみDscf1522ると、そうじゃの返事。少し後へ下がりつつよくよく眺めてみると、別の乗り場の列と混在しているよう。だいたいの辺りで待っていると、徐々に列が見えだしてきたので、並びます。

 後からやって来た人と、リムジンバスがこんなに混むのはめずらしい。コロナの規制を緩めたからじゃろうと共感。やがて、やって来たバス。何とか全員乗ることができました。さらに、中筋駅でも結構な乗客。もはや満席で、補助席を引っ張りだす始末。こちらの横にも。若干窮屈な思いをしながら、事前データを書き出します。

 そうそう、今日は先日ネット購入した夏用トレッキングパンツをはいてきたんじゃ。Sサイズにしたら、ちょっと胴回りがキツキツのDscf1529ような感じがするけど、何となろう。さて、広島空港バス停に到着。そのすぐ手前でバス内時計が9時10分じゃったから、所用を済ませて、2階の高架出口から出発したのが、9時18分。

 まっすぐ北へ渡って左に折れ、駐車場を横切って再び北へ。そして右に曲がって、やがて横断歩道を渡ると三景園。前から気になっていた説明板を、じっくり読んでみます。テーマをハッキリ覚えているわけではありませんが、地主が山を拓いて耕作地を増やそうとするのを、ジャマする古ダヌキを退治したところ、後から祟られたということらしい。

 ここの伝説なんじゃろの。確かに、タヌキにとっては、迷惑な話。今やその頃とは、雲泥の差の開発じゃの。さてと、ルートを回り、Dscf1531用倉新池に架かる橋を渡って右へ。堰き止めダムを確認しながら、森林公園入口へと向かいます。そして、次の横断歩道の手前を右に進むと、芝のような草の生えた歩道が続きます。

 はじめの連絡橋を過ぎて、次の大きな高い橋。その手前に、用倉山登山口への交差点。今日は、まっすぐ進みます。やがて、バーベキュウベンチ群が見えてきました。平日のこの時刻じゃからか、誰もおらんの。その端を過ぎてしばらく。前方右に上り坂。「上るんか」、そう思いながら、よく眺めてみると、左に分岐があります。

 おっ、ひょっとしたら、あれは女王滝への分岐じゃろうか。近づいてみると、そのとおり。何やら説明板と案内標示が。ここじゃの。Dscf1533そう思いながら、分岐方向へ進まむとすると、大雨による被災箇所アリということで通行止めとの説明標示ペーパー。そういえば、聞いたことがあったの。ま、行けるとこまで行かむ。これが、信条たい。

♏ つづき:応海山棲真寺 ③

« 応海山棲真寺 ① | トップページ | 応海山棲真寺 ③ »

県中東部」カテゴリの記事