« 広島南アルプスショートコース順縦走 ③ | トップページ | 音戸連山縦走 順コース ① »

2022年5月12日 (木)

広島南アルプスショートコース順縦走 ④

 上り下りを幾度か繰り返して、柚木城山コブに到達。ひと息ついて、水分補給。「よし、出発」と思ったところ、そういえば、ついでDscf1289にここで、首に巻いているタオルを交換しておこうと、山頂標示板まで戻ります。すると、カーキズボンハイカーが乗り上げてきました。さっき、展望岩で出会ったっことを共有。

 話を聞くと、三滝山から鈴ヶ峰へと縦走しているらしい。こちらも鈴ヶ峰へ向かっているところと伝えます。そして、彼が先発。タオルを結び直して、こちらも出発します。ほんの少しの間じゃったから、いずれ後姿が見えるかと思いつつ歩いていましたが、かなり先まで見通せるところに至っても、一向にその背中が見えません。

 結構速いんかの。それとも、途中の鉄塔広場あたりで避けてくれたんか。そんなことを考えながらやがて、315ピークに。ここにもおDscf1290らんの。まぁ、どうでもエエんじゃが…。ひと息ついて、下りて行きます。それにしても、そろそろ脚に違和感。草沼道に下りて、押しボタン信号。そこには、さっきクルマから降りた、ハイキングスタイルの青年ふたり。

 いっしょに渡りましたが、どうも取付きを探している様子。こちらの動きから察したようで、上り口にある案内板を見はじめます。果たして、鬼ヶ城山を歩くんかどうか分からんから、彼らにかまわず、先行することに。竹林を抜けて遊歩道に至っても、彼らの姿が目に入ってこんで。この山に上るんじゃなかったんかの。

 やがて、近道を上って、鬼ヶ城山。おっ、ここにカーキズボンハイカーが居った。やっぱり、先行しとったんじゃの。「速いね」と声Dscf1296をかけます。そして、「走っとるんか」と聞いてみると、そうではないらしい。ひょっとしたら、途中で追い越されるかもしれんけど、彼の意向は分からんから、ここは先行させてもらうことに。

 いつものように下りルートは、鬼のさんぽ道。道行地蔵近くの荒れ道目前、左上から疾風怒濤のように歩きぬける人。よう見たら、さっきのカーキズボンハイカーじゃないか。メチャクチャ速いで。縦走終盤、脚腰に違和感を持ちながらヨタヨタ歩いとる「年寄」とはわけが違うか。すぐに、その姿が見えんようになってしもうた。

 これまで何人かの足速に出会うたけど、彼もそのひとり。ああいうのを、「健脚」いうんじゃの。日本アルプスあたりを、スラスラ歩Dscf1299くんじゃろうな。もって生まれた体質の差異かの。たどり着いた東峰には、もはやカーキズボンハイカーの姿はありませんでした。14時39分。脚の痛みはかなりのものに…。

♊ :(了)

« 広島南アルプスショートコース順縦走 ③ | トップページ | 音戸連山縦走 順コース ① »

やまなみコース縦走」カテゴリの記事