« 大丸峯 ② | トップページ | 大丸峯 ④ »

2022年4月21日 (木)

大丸峯 ③

 やがて、元の道路に合流すると、正面に「大丸峯」の案内標示。そして、すぐ次の分岐を左へ。そこには「楽山」の標示。何か違うけDscf1075ど、ルート図では、こっちなんじゃ。ま、とりあえず、ここを上ってみよ。やっぱり、ルートどおり。途中に瀟洒な別荘二棟。三角柱を横に寝かせたテントのような形状で、脚柱の上に建てられています。

 「縁がないのぉ」と思いつつ、左からの道路と合流。すぐに、右に入る路地に「楽山」の標示。これか。奥にはトイリと祠のようなものが見えます。いったい何じゃろ。ま、きょうは、”It's none of my business."なんじゃ。とにかく、大丸峯登山口。そう考えて進んで行くと、それらしき広場。そして、登山口の案内板。よし!

 ここで、チースムシケーキをかじりながら、ひと息。いよいよ、ケモノ避けゲートを通り抜けて、山道へと入ります。幅広の道がフェDscf1090ンスに突き当たる手前、右に抉れ急坂。これを上りきると勾配は緩み、いったん平盤になりますが、再び、少し抉れがちな山道に。それでもまだ、勾配は割とユルい。それが、朽ちた半倒木を境に、だんだん急勾配に。

 「水場」標示板あたりから尾根すじに向けての急登になると、山歩き情報にありましたが、すでにこのあたりから…。まもなく、「米軍風防落下地点」の案内板。空から米軍機の風防が落ちてきたんか。100㎏前後あるらしい。危ないの。もし人にでも当たっとったら、おおごとじゃ。おそらくジェット機じゃろうけどその後、風防なしでよう飛べたの。

 ま、いずれにしても、人里で訓練するなということじゃ。さて、急坂が続く。少し上から見下ろしてみたけど、やぱり急じゃの。それDscf1110からも延々じゃが、長々しく感じるほどには、時間は経っとらんはず。キツいからそう感じるんじゃ。結局、尾根すじ乗り上げまで、13分間じゃった。そこで、国土地理院地形図の破線ルートになっとる北方をチェック。

 すると、歩けないこともなさそうじゃが、シダヤブっぽい。ま、その先がどうなっとるかも分からんし。今日は、危うきに近寄るまいて。勾配がユルむのは、もうしばらく上ってから。広くて、歩きやすい道になりはしますが、ここからが結構長かった。後からチェックしてみると、山頂までの山歩きルートの半分くらいありそう。

 ポイントに設置された「残メートル標示」に、「初心を貫く」、「根性を持とう」とか励ましの言葉が書かれていましたが、100m標Dscf1106 示の「理論より実践」には、ちょっと違和感。理論と実践は、対立させるものじゃのうて、統一するべきものじゃなかろうかという気分。ま、ここでは、「理論」より「理屈」の方が適切では…。

♒ つづき:大丸峯 ④

« 大丸峯 ② | トップページ | 大丸峯 ④ »

県北部」カテゴリの記事

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ