« 宍道湖サイクリング 反時計回り ② | トップページ | 宍道湖サイクリング 反時計回り ④ »

2021年11月10日 (水)

宍道湖サイクリング 反時計回り ③

 しばし待機して、忙しい相棒との待ち合わせ場所へ。今晩は、回転寿司と半月ぶりのアルコール飲料。2杯に留めておきます。外食も015_20211106193101、コロナ禍はじまって以来かも。ほんの少しばかり、良い気分で帰ります。さてと、朝は仕事の日よりゆったりと、5時30分ころ起床。昨晩買っておいた朝食をとって、準備にかかります。

 それにしても、7時15分くらいからホテル前で待つとなると、それまでかなりの余裕。『マンガでわかる微分積分』を読んだりしつつ過ごします。そして、いよいよ時刻が迫ってきたので、チェックアウト。自転車を出して、相棒を待ちます。約束時刻より前に到着。8時の計画でしたが、7時30分に出発。

 堀川沿いにあるセブンイレブンで、昼飯の準備。相棒は朝飯も。若干のパラ雨。じゃが、西の空には青いところも。大丈夫じゃろ。さ016_20211106193101ぁ、出発じゃ。進路が工事中。若干軌道修正しつつも、宍道湖北岸のルートに。はじめのうちは歩道もあったんじゃが、やがて、車道の左端を進むことに。途中、イングリッシュガーデンとか、聞き覚えのある駅を通りすぎます。

 やがて、朝日山登山口のある長江駅も通過。次のマークポイントは、秋鹿駅。秋鹿と書いて「あいか」と読むらしい。計画の9時25分に対して、8時46分。だいぶん早いの。途中から道路右側に歩道があるのを発見。軽車両とはいえ、車道を走るのは危ないし、クルマの邪魔になるので、歩行者優先を肝に銘じながら、こちらを走ります。

 無主のカキの実を見つけてゲット。湖岸の自転車道らしきところに乗り上げて、宍道湖を眺めながら、しばし休憩。カキを食べてみま023_20211106193201す。ちょっとした渋味はあるものの、中身は甘い。さてと、それから湖岸を道なりに進んで、気がついてみると、何やら線路が向こうに見えるようになっています。しかも、右側には平地が広がっています。

 おかしいの。こりゃぁ、ルートを外れとるで。周回経験のある相棒にそのことを告げると、このまま進んだら、先で戻るから大丈夫とのこと。ま、何とかなろう。それに、こっちの方が、湖岸をキープできて景色はエエで。この時の地点で、マークポイントの布崎駅あたりということにして、計画の10時42分に対して、9時48分。

 宍道湖自然館を通りすぎて、平田船川を渡って、斐伊川の岸を大きく回り、赤い橋のある道路に乗り上げました。これがルートじゃろ027_20211106193201。これを南へ向かいます。相棒からも、たぶん間違いなかろうとのアドバイス。結構長い道程を経てようやく、国道9号線と交差しました。はて、この先はどうなっとるかの。これまでは、細いながらも歩道があったんじゃが。

♍ つづき:宍道湖サイクリング 反時計回り ④

« 宍道湖サイクリング 反時計回り ② | トップページ | 宍道湖サイクリング 反時計回り ④ »

松江近郊」カテゴリの記事

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ