« 皿山・江波山 ② | トップページ | 比治山 ① »

2021年9月22日 (水)

皿山・江波山 ③

 はて、これまでその姿は見えんかったが、どこにおったんかの。食べ終えて後半ルートに出発。さっきの男性が出てきたところを、チ011_20210919160301ェックしてみます。特に展望があるわけでも、上り口がある分けでもない。広場を囲う林とフェンスのみ。ここで折り返したんか。やっぱり、公園ウォーカーじゃったんじゃの。

 さてと、東側の下り口のようなところを下りてみることに。すると、小さな広場の手前からルート。これをたどります。はて、まともに、計画どおり、江波山方面へ行くことができるかの。すると、林道のようなところへ下り立ちます。東側には通行止めフェンス。こっちのはずなんじゃが・・・。とにかくそこまで行ってみよう。

 すると、左側にブルーシート斜面。そして、階段。ありゃ、これは上りでパスしたところじゃ。グルっと回帰したんじゃの。そこから012_20210919160301、道路を伝って下りていきます。途中に、皿山公園からの上り口。これはスルーして、道なりに。ちょっと道が細くなってきたので、心も細くなってきますが、何とかメイン道路にでることができました。

 そして、南に見える江波山方面に見当をつけて歩いて行きます。やがて、トンネルの手前、際の道を山沿いに東へ。ここは急斜面、上にも下にも建物が並んでいます。これが、大雨のとき、避難指示が出されるあたりかも・・・。坂の突き当りに衣羽神社、これを「えばじんじゃ」と読むらしい。地名の「江波」と、どっちが元祖なんか。

 よう分からんが、まぁ、今日は山歩きがメインテーマ。地名の由来を明らかにすることでも、崩落危険個所を突き止めることでもあり014_20210919160301ません。そこから、尾根すじへ折り返して、細い坂道を上ると、龍光院とやらいう寺院。そして、さらに進むと、気象館。これか。被爆建物じゃったんじゃの。そこから西へ向かうと階段。

 これを上って高きへ。左奥に、何とかいうレストラン。そして、西へ向けて公園が続きます。ありゃ、37.6三角点はどこにあるんかのぉ。あたりを見まわしてみますが、判然としません。「まぁ、それもどうでもエかろ」と下山ルート。途中の「母子愛の碑」に、立ち寄ってみます。少しばかり、こみあげてくるもの。

 その奥にある広場まで行って折り返し。まもなく下山口に。気象館通りを北へと向かいます。高速3号高架を潜ると、右に皿山。この016_20210919160301まま、西岸に渡らむとしましたが、すぐに土手ルートに降りられそうにない。そこで、昭和大橋までは東岸を進むことにしました。帰り着いたのは、12時56分。総ルート所要時間は、2時間44分でした。

♈ :(了)

« 皿山・江波山 ② | トップページ | 比治山 ① »

太田川東流域」カテゴリの記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ