« 広島県中央森林公園 ① | トップページ | 広島県中央森林公園 ③ »

2021年9月 7日 (火)

広島県中央森林公園 ②

 と言うことで、この長いトンネルを抜けて、ようやくたどり着いた山歩き。今日は、万全を期して、用倉山・広島県中央森林公園ラウ003_20210905105301ンドコースを歩くことにしました。標高300m台を上ったり下りたりする安楽コース。参考にした山歩き情報によると、若干の荒れ道もあるとか。ま、遊歩道ばっかりを、歩くこともなかろう。

 バスセンターに着いたのは、発車時刻の15分前。じゃが、待合室で前祝をしたり、所要を済ませたりしとったら、ちょうどエエ時刻になりました。乗り場で待機するリムジンバスへと向かいます。乗客は数人で、車内は疎。さてと、半眠半覚で、河内インター出口。広島空港は久しぶりじゃのぉ。ずいぶん昔、仕事で利用したころがあるけど、それ以来。

 下り場は、だいたい予想どおりの場所じゃった。10時33分。帰り便の時刻と乗り場を確認しておくため大回り、ひとつ南側の筋まで007_20210905105301行ってみます。バスセンター行は、やっぱり15時05分。ちょっと遅いような気がしますが、その前は12時50分か。これはちょっと、間に合いそうにないの。そんなことを思いながら、三景園の入口を探します。

 駐車場の中を北進してみます。地図には書かれていないけど、良い調子と思っていたら、北側は植垣でギッシリと封鎖されていました。幅があって、ちょっと無傷では乗り越えられそうにない。見上げると高いところに、空港からの直通路を発見。あそこまで戻るのも、何じゃの。結局、グルっと、東側を回ることに。畜生、帰りはあの陸橋を通るぞ。

 それでも、周回道から北へ曲がると、すぐに三景園入口の交差点。そして、道は南へ。地形図を確認しながら進みます。まもなく東へ009_20210905105301向かう道に。正面にはホテル。その前の角に立っている短パンの男性。何か、待っている様子。その前を左へ折れると、年輩の植木作業員、あいさつを交わして進むと、まもなく、池が現れてきました。

 用倉新池じゃの。谷川を堰き止めて造ったもののよう。結構な絶景です。屋根のある橋を渡って、東へ回るとすぐに、土手のようなまっすぐな道。それが山道に合流するところ、少し距離を置いて前方に、親子三人連れ。子どもは父親の肩に負われとるから、「そのうち追いつくぞ」と思っていたら、まもなく。

 あいさつを交わして追い越します。すぐに、左に模木階段の分岐。はてどっちかの、考えた瞬間、後ろの親子連れから、模木階段を指す気配で「こっちじゃ」の声。地形014_20210905105301図の塩梅からしても、なるほど、間違いないの。上ってみると開けた丘。滑走路がよう見える。親子はここで見学か・・・。それを尻目にみながら、ユル坂を上って行きます。

♒ つづき:広島県中央森林公園 ③

« 広島県中央森林公園 ① | トップページ | 広島県中央森林公園 ③ »

県中東部」カテゴリの記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ