« 岳浦山 西宇土~大向 ③ | トップページ | 日浦山 A~Bルート ① »

2021年7月11日 (日)

岳浦山 西宇土~大向 ④

 返しの上りが、少しばかり脚に堪えますが、それでも何とか、稜線に戻って、下山にかかります。それにしても、さっきのピーク到達が12039_20210707153701時45分じゃったけん、計画しとった13時26分の大向発のバス便には、とても間に合うまいて。合流点からの大向ルート、基本的にユル勾配。ところどころ、急降や岩場もあるにはあるがの。

 岳浦山初心者には、こっちからの方がエかったかの。「合地」というのは、フォトギャラリーを指しているようです。展望は良いのですが、だいたい同じような風景。但し、高さがだんだん変わってくるんじゃ。それに、多少角度も違う。じゃが結局、陀峯山は見えなんだの。大黒神島は見えたけど・・・。

 下り道とはいえ、若干の上り下りがあるんじゃ。そしてようやく下山口へとたどり着いたのは、14時05分。さてと、大向バス停はどこに043_20210707153801あるんじゃろ。林道から下の道路を見渡しても、見当たらんで。しもうたの。バス停の位置をチェックしとらんかった。西へ引き返すのも、何じゃの。エエィ。このまま西宇土バス停まで行けぃ。

 大向バス停14時44分発じゃけぇ、何とかなろう。もし間に合わんかったら、田舎のバスじゃけぇ、途中で止まっちゃぁくれんかの。そんな甘いことを考えながら歩いていると、西宇土バス停が見えてきました。何とかたどり着いたのが、14時32分。そして、バス停の時刻表を見ると、出発は14時50分になっとった。

 大丈夫。ゆっくりと、温湿計をチェック。そしてハイキングバージョンを解除して、完歩祝いも。10m余り西で涼んどったおばさんには045_20210707153801、話しかける余裕がちょっとありませんでした。やって来た「地区生活バス」、現金払いの準備もしていましたが、パスピーOKでした。というか、それオンリーの様子じゃったの。

♊ :(了)

« 岳浦山 西宇土~大向 ③ | トップページ | 日浦山 A~Bルート ① »

東広島・呉・熊野」カテゴリの記事

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ