« 丸山 未踏ルート探索 ① | トップページ | 丸山 未踏ルート探索 ③ »

2021年7月23日 (金)

丸山 未踏ルート探索 ②

 昼飯時刻に焦点を絞りつつ、降水時間帯を避けるよう考えて、9時に出発。それでも、昼飯は11時ころになるか・・・。そんなことを002_20210721075901思いながら、極力、ギア比を抑えながら、自転車を走らせます。やがて難関、沼田分れ交差点。ここを1段で、何とか止まらずに乗り上げるころに成功。ま、昼間にはこれまでも何度か、無変速で乗りきったことはあるんじゃ。

 そう、自らを戒めながら、先へと進みます。じゃが、ここらもけっこうキツいの。ギアを上げることができんで。ちょっとでもスキがあったら、そこにつけこむぞ、と思いながら走りますが、なかなか意のままにならず。やがて、老人ホーム前の急坂に。ここが次の正念場なんじゃ。すると、下りてくる5人ほどの女性ハイカーが。

 悪戦苦闘するこちらに目を向けて、何やら話していますが、それに受け答えする余裕がまったくありません。息を切らせながら、続く004_20210721075901急勾配をのり切って、ややユルみに乗り上げます。とはいうても、未だ上り坂。そしていよいよ、いつもなら立ち漕ぎでやうやう乗りきるラストスパート。じゃが、さすが変速自転車。

 先ほどからの1段で、座ったまま乗りきることができそう。苦しいけど、後ちょっとなんじゃ。やりきるぞ。そう気を張りつめて、何とかたどり着くことができました。しばし、息が荒い。ハイキングバージョンへの切り替えなどして、身体を鎮めます。息が治まってきたところで、山歩きに出発。

 いつもは元旦に下りるルートを、上って行きます。どうも出はじめの谷ルートは、下草が繁ってヤブっぽくなっとるの。今日は半パ007_20210721075901ンのまま。長ズボンもリュックに入れてはきましたが、まだ良かろう。やがて、急勾配の坂にさしかかります。自転車行の疲れが取れとらんのか、けっこうキツく、しかも長く感じます。

 ま、それでもだんだんユルくなってきました。そして、稜線縦走路に合流。ここからは歩きなれた道。抉れは整備されとるし、半パンでもまったく差し支えなし。いつものポイントで、ムーミン岩をチェック。おそらく、これが「こしき岩」なんじゃろ。調べてみると、米などを蒸す器のことを「甑(こしき)」と呼ぶらしい。

 「甑」というもの、実物を見たことはないような気がするけど。その用途から推測してみると、なるほど、似ているのかもしれん。さ008_20210721075901てと、丸山ピークの手前に、「こしき岩」への分岐標示。ここを入ってみます。こりゃ、かなり下草が茂っとるの。脚に痛いものがあたりますが、ま、このくらい大丈夫じゃ。

♍ つづき:丸山 未踏ルート探索 ③

« 丸山 未踏ルート探索 ① | トップページ | 丸山 未踏ルート探索 ③ »

太田川西流域」カテゴリの記事

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ