« 砲台山 時計回り ① | トップページ | 砲台山 時計回り ③ »

2021年2月 4日 (木)

砲台山 時計回り ②

 ま、とにかく行ってみよ。とはいうものの、総距離12.36㎞と、結構な道程。ミドルコースじゃて。じゃが、ほとんど林道じゃから、004_20210130174901速くは歩けるかも。2.3㎞/hで計算すると、帰りの三高港着は15時21分になるが、何とかなろう。「そのうち何とかなるだろう ♪」じゃ。宇品港で、往復割引切符を購入すると、すぐその後に、切串港行を買うハイキング姿の女性たち。

 往復にするか、いや小用港から乗るかもしれんから、片道にしとこうなどと、話し合っています。「切串」?。どこじゃったかの。三高行フェリー乗り場のすぐ隣に、切串行乗り場があったので、彼女たちが降りてきたら、話を聞いてみようと思っていましたが、いっこうにその姿は現れず。もっと、後なんじゃの。

 まもなく三高行の船が来たので、これに乗り込まむ。切符を係員に渡そうとしたら、「オカに上がってから」とのこと。「丘」?フェリ008_20210130174901ーの船室のことかと思うとったが、いっこうに改札にきません。そうか、「オカ」というのは、三高港のことなんじゃの。さてと、「切串」はどこじゃったかの。持ってきた25000分の1地形図を、ここで活用してみるか。

 すると、何度も利用したことがある、江田島の北端の港じゃった。ははぁ、すると彼女らは、クマン岳~古鷹山コースらしい。確かに、状況によっては、小用へ下りるかもしれんの。そんなことを考えつつ、暖かい船室で過ごします。やがて、久しぶりの三高港。着岸してみると、立派な建物があります。あれ、これじゃったかいの。

 ビルの奥へ入ってみると、無人市場に野菜を並べる人。「久しぶりに来たけど、新しぅなったんじゃね」と、声をかけると、去年の夏009_20210130174901ごろに出来たとのこと。そうか。さてと、無人市。今買うと、山歩きには荷になるから、帰りにしよう。ま、そのとき、同じものがあるかどうか分からんし、時間がないかもしれんが、それは、そのときじゃ。

 新しい建物から小川を隔てた向こう岸には、牡蠣うち場のような、覚えのある古い建屋。これで見当をつけて、水源地方面へと歩を進めます。川には、小さなフグの群れがみえますが、上るにしたがって、いなくなってしまいます。それからはできるだけ、左岸をキープ。ベビーカーに乗った半袖から腕を出している幼子と、それを押すお母さん。

 「寒そう」と声をかけると、「ありがとうございます」の返事。ちょっと、チグハグな感じを抱きつつ歩いていくと、やがて荒れ道。015_20210130174901この先果たして、右岸へ渡る橋があるかどうか、ちょっと不安になりますが、幸いなことに、道が途切れる直前に、橋がありました。それを渡らむとしたとき、たまたま、左岸にあった家の奥から人。あいさつを交わします。

♍ つづき:砲台山 時計回り ③

« 砲台山 時計回り ① | トップページ | 砲台山 時計回り ③ »

江田島」カテゴリの記事

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ