« 広島南アルプスショートコース順縦走 ② | トップページ | 広島南アルプスショートコース順縦走 ④ »

2020年12月 9日 (水)

広島南アルプスショートコース順縦走 ③

 じゃが、丸山の山頂標記は無うなっとったで。これまで何度か・・・。「プロ野球日本一」、ソフトバンク占有の山頂広場。広島の山012_20201205163601歩き庶民が頼りにしとる、山頂表示が気に入らんという奴がおるんかもしれんの。ひと息ついて、昼飯の大茶臼山へと向かいます。何、歩きだしたら、ちょっとばかりの気遅れも、どおいうこたぁないんじゃ。

 完全回復で、調子は良好。畑峠へ下りていると、チェンソ―のような音。何かしとるんかの。峠までは、何もなかったで。そして、大茶臼山へと上っていると、はじめの電波塔あたりに作業する数人。あいさつの声をかけますが、仕事の打ち合わせでもしとったんか。何の反応もせず。まぁ、それならそれと、黙って通過します。

 広島市危機管理何とかいう札が機材に掛っとったの。それにしても、喧しいチェンソ―の音。やがて、大茶臼山山頂。おっと、危うく通りすぎるところじゃったが、気づいてタイムチェック。そして、ガードレール越え、カキの実を探しましたが、ひとつもありませんでした。期を逸したかの。そんなことで展望岩、11時21分。

 さぁ、昼飯じゃ。気温14.6℃、湿度48%。晴れとって日当たりはエエし、風も穏やかなんで、「最高で~す」。ゆったりと、オムスビを食べます。下界では相変わらず、重機を動かす音。まだ、昼前か。それにしてもさて、後半ルートに出発じゃ。パノラマルートの急坂を下りて、今日は代替ルートじゃが、ペット葬の裏は回避、久々に、道路を歩くぜぉ。

 それでも、墓苑入口に至るまでの間に、アレチノヌスビトハギがあったらしく、その枯れ種が、ズボンなどにチビっと付いてしもう016_20201205163601た。クワバラクワバラ。その後は、道端の草原を避けるようにして歩いたので、大丈夫。とはいうものの、そこには、ヌスビトハギは見当たらなんだの。そして、柚木城山取付きを入ります。

 若干急な上り坂から、そして稜線に。ここからも黙々と歩いて、ヂ・アウトレットの見える鉄塔丘から、もみじ台分岐をチェックして、柚木城山ピークへ。ここも眺めは、いまひとつのままじゃの。ひと息ついて、315ピークをめざします。いつものマークポイントをチェックして、上りに入ったところ。

 頭ぶつけ木に注意と思いつつ、考えごとが頭を支配していたせいか、久々にぶつけてしまいます。まぁ、それでも比較的軽かったので、ショックは小さい。315ピークにも、誰もおらなんだ。3つの尾根すじを下って、捻れ階段。今日は、ほんとうに適当なカウントになってしもうた。まぁ、行程の半分程度が分かればエエんじゃ。

♎ つづき:広島南アルプスショートコース順縦走 ④

« 広島南アルプスショートコース順縦走 ② | トップページ | 広島南アルプスショートコース順縦走 ④ »

やまなみコース縦走」カテゴリの記事