« 蓮華寺山 北谷橋~瀬野川中 ② | トップページ | 二葉山~牛田山縦走 外環退避路 ① »

2020年11月11日 (水)

蓮華寺山 北谷橋~瀬野川中 ③

 ちょっと早いけど、ここで昼飯じゃ。日当たりの良い丸太ベンチで、ひとつを食べて、ふたつめを探していたところ、女性の声。やが013_20201107145101て、男女のハイカー。あいさつを交わします。オムスビを食べおえたら声をかけてみるかなどと考えていたら、その前に、高城山縦走路へと下りていってしもうた。まぁ、それならそれで良しじゃ。

 南向こうに見える原山のアンテナ塔をチェックして、11時11分出発。山頂コブを左に巻いて、しばし急坂なんじゃ。ずれた模木階段のある山道。歩きにくいけど、何とか・・・。やがて、見晴らしのある尾根肩。ちょうどここいらに、マムシ草の辛実があったんじゃ。そう思っているっと、赤くなってはいるものの、そのままの実が。

 だれも、手出しはできんかたんじゃの。この毒草のことを、前に話したことのある「美尻」スクワット女史らに、土産に持って帰ろう014_20201107145101。実をとったあとはグロテスクな形が半ば・・・。さてと、この先の斜面トラバース道、いちおうカマを持ってきましたが、下草を刈り取ったのが8月はじめっだったにもかかわらず、さほど伸びてはいませんでした。

 トゲのある草。指先を切ったので、これは成敗じゃと、リュックからカマを取り出して切ります。じゃが、そのことで、左手の指にも絡んできました。「Shit!」。何とか払い落とします。そして、沢へ下りる道。ここは、勾配70度以上、そう思っていましたが、右側に赤テープ発見。まっすぐ下りるより、こっちの方がユルそうじゃ、行ってみよ。

 ま、そうは言うても、急坂に代わりはないけど、それでも歩きやすい。そこをたどって、沢に下り着きます。ここからは、踏み跡のよ016_20201107145101うなものをたどって、右へ左へと渡りながら、やがて、龍心寺。その先、崩落しかけたところは、若干あるものの、もともと参道じゃ。やがて、左側の取り付き下山口に到着。ここまで来れば、安心。

 ふり返って山並み。そして、前方のひとつ高い山々の稜線、さらに、瀬野川中下山口をチェックして、歩きなれたルートをたどります、やがて安芸中野駅に着いたのは、12時27分。大野浦駅行12時30分に間に合うかと思いましたが、すぐそばを駆け上った、若者は何と乗れたようですが、こっちはホームに下りた途端、発車。

 車掌と目を合わせたけど、待ってくれなんだの。ま、次の便まで15分。2時間に一本とは違うんじゃ。多少のロスタイムは、どういう018_20201107145101こたぁないで。完歩祝いの続きをしながら、山歩きデータを書き出します。次も、大野浦行きじゃけぇ、乗換えの必要なし。これがダイヤ改正の成果か。乗車中は、忘れたマスクの代わりにタオルを使います。

♉ :(了)

« 蓮華寺山 北谷橋~瀬野川中 ② | トップページ | 二葉山~牛田山縦走 外環退避路 ① »

瀬野川流域」カテゴリの記事