« 天狗防山~洞所山 運動公園へ ③ | トップページ | 広島南アルプスショートコース順縦走 ① »

2020年5月 4日 (月)

天狗防山~洞所山 運動公園へ ④

 気温15.1℃、湿度32%、風もなく心地よし。ダニなどの動きがないか気をつけながらも、ゆ027_20200427075801ったりと、オムスビを食べる15分間。さてと、後半ルート。運動公園を指す標示板は立派じゃが。行く先はどうも、ヤブっぽそう。

 ま、いざとなったら、新峠ルート。そう思って下りていきます。ヤマレコの歩行点は、若干右、左にとユレてはいたものの、不確かなところをたどってもせうがない。そこで、マイマップには、尾根すじをまっすぐ下りる線を引いておきました。

 いずれにしても、地形図に破線が記載されていないので、まともにルートがあるのかどうか、028_20200427075801分かりません。この等高線の詰み具合からすると、成岡ルートのような岩場直降かもしれんで。今日は、ここを歩くのがテーマなんじゃ。楽しみじゃのぉ。

 標高差は、ざっと400mくらいでしょうか。下草の張り出したところを過ぎると、幅広い九十九折れの山道。こりゃ歩きやすいの。そう思っていると、ガレっぽくなったり、再びヤブっぽくなったり、道幅が狭くなったり。

 予想どおり、途中に崩落しているところ。ま、応急処置の「道のようなもの」があったので、030_20200427075801冒険しなくても、大丈夫でした。そんなバラエティがありますが、ときおり、木の柵があるので、やっぱり、まともなルートなんじゃと安心しつつ。

 それにしても、九十九折れになっとるだけ、道程は長いの。延々と下り続けていくと、分岐に。はて、どちらに進むべきか。右は上り気味、左は下りています。いま下りてきた、洞所山方面への標示しかありません。

 ここは低きへ向かう方が正解じゃろ。そこから勾配がユルんできました。おかげで歩きやすい。一応、方角チェックをしてみると、間違いなく北へと向かっています。そして、ようやく新峠ルートと合流。しばし下ると、公園下山口に。

 そこからは道路を、「唐谷川」沿いに、低きへと進んでいきます。途中、距離を保ってすれ違った地元のひと何人かと、あいさつを交わしたり交わさなかったり。目の前にある日浦山や蓮華寺山を眺めながら、歩を進めます。

 山道を歩くより、安楽じゃったけど、公園の管理棟から安芸中野駅まで5㎞余。数値だけ見ると、たいしたことないように思っていたけど、マツダスタジアムに通うのと、だいたい同じくらいか。なるほど、距離を感じるはずじゃ。

 今日は、ハイカーとは誰ひとり、出会わんかったで。他者との接触を避けるという点では、ほぼ100%成功じゃろ。ところで、洞所山の「洞所」はてっきり「ドウトコロ」と呼ぶものとずっと思うとったが、ある山歩き情報では「ドウショ」となとったのぉ。

♌:(了)

« 天狗防山~洞所山 運動公園へ ③ | トップページ | 広島南アルプスショートコース順縦走 ① »

瀬野川流域」カテゴリの記事