« 広島南アルプスロングコース逆縦走 ② | トップページ | 広島南アルプスロングコース逆縦走 ④ »

2020年4月22日 (水)

広島南アルプスロングコース逆縦走 ③

 タイムキープに関しては、さほど神経質にならんでもエエんじゃ。ただ、帰りがあまり遅くな017_20200419150701らんようにせんとな。そして、展望岩に着いたのが、11時53分。おっ、+1分に回復したで。ここでいつものように昼飯。あまりイソイソせずに、オムスビを食べます。

 さぁ、後半コースに出発するか。そう思って、準備していると人の声、山頂ビルの方から聞こえてくるけど、なかなか下りてこんの。すっかり支度をすませて、ふり返ると、関西なまり、話に夢中の女性ハイカー3人組。あいさつだけ交わします。

 大茶臼山ピークは、12時14分のジャストタイム。エエ調子じゃ。しかし、丸山行。ここは、022_20200419150701食後で気が緩んでしもうたんか。それとも、コシアブラの様子見に気を取られたんが悪かったんか。ピークに到達したのは+5分の、12時57分。

 たぶん、このトラバース尾根でいつものように、ペースを引き締めきれんかったからじゃの。それに気づいて、ペースアップしようとは思うものの、そろそろ限界になってきました。何とか歩くのが精一杯、そんな感じに。

 火山には、+11分の14時04分。先着していた男女ハイカーとあいさつを交わして、ひと息。023_20200419150701武田山へと向かいます。マイペースながら一生懸命。長い下り坂、ときおりある急降を経て水越峠。そして、弓場ルートの急登。膝の違和感が大きくなってきました。

 そうそう、石山からの下り山道の倒木。この枝の切り口に膝をぶつけんよう、着けとったリボンが取り去られとったんじゃ。今日は、忘れずマイテープを持ってきました。4箇所ほど巻きつけたから、これがタイムロスになったんじゃ。

 さてこの上りルート、今日は頭ぶつけ木の切り株を確実にチェックして、武田山山頂に着いた019_20200419150701のは、14時58分で何とか+11分をキープ。先着の母子ハイカーとあいさつを交わし、最後のピーク、カガラ山へと向かいます。

♊ つづき: 広島南アルプスロングコース逆縦走 ④

« 広島南アルプスロングコース逆縦走 ② | トップページ | 広島南アルプスロングコース逆縦走 ④ »

やまなみコース縦走」カテゴリの記事