« 経塚山~西の池西端 ② | トップページ | 経塚山~西の池西端 ④ »

2020年4月 3日 (金)

経塚山~西の池西端 ③

 そんなことを思いつつ進んでいくと、やがて、山陽道ガード「河内16」。これじゃ。潜って右へ。作業道とやらの入口を探しな013_20200331180201がら進みます。しばらくすると、祠。これじゃろうかと、上ってみると、すぐに分岐。ここは左の山側の道を選択。しばし、荒れ気味の山道が続きますが、やがて、潅木ヤブに。

 尾根筋を確かめつつ、細木をつかんで上ります。難儀を乗り越えてようやく、山歩き情報に紹介されていた、張り巡らされる白リボンの外側にたどり着きました。それを潜ったところに、「大丸目山山頂」の標示。「よし!」。さらに南へと向かっているつもりでしたが、ちょっと下り気味。そして先に青。

 ありゃぁ瀬戸内海じゃのうて、確か、「西の池」じゃ。とすると、方向が違うで。折り返してみると、途中の幹に、右方向への016_20200331180201矢印のような赤ペンキ。これじゃの。ここを折れてみます。しばらくすると、まともな山道。そして、経塚山山頂に到達しました。ここからの眺めは良好。あの西向こうの少し高いのが、馬ヶ背じゃろ。

 さてと、畠山へ行くか。歩きやすい山道。これじゃて。しかし、ずいぶん歩いたつもりにもかかわらず、一向に畠山に着かんで。おかしいの。やがて山道は右に曲がりこんで、その下には崩落のある池。こりゃ、どうなっとるんかの。地形図をチェックしてみると、どうも回り込みすぎじゃろ。

 そこで今度は、ちょっと引き返して、作業道のすぐそばにあった尾根筋をたどってみます。じゃが一向に、畠山ピークらしい標018_20200331180201示はありません。それにこの前、西からたどった道とは違うような感じ。せうがないのぉ。そういうことなら、鞍部への下山ルートを探すか。何とか見つけた、尾根筋をたどります。

 しばらく下りていきますが、あの時のスッキリしたルートとは違うの。それでも、そのような湿地に下りて、上りなおします。じゃが、豈はからんや、行く先には別の尾根筋があるで。おかしいの。そう思いつつ、そこへ上ってみますが、ますます、わけ分からん状態になってきました。

 ま、とにかく、左右を見渡して一番高い尾根筋を西じゃ。そう思ってい進んでいくと、何となく前回歩いたことがあるよ021_20200331180201うな・・・。おっ、こりゃぁ、まもなく馬ヶ背かの。そう思い込んで、さらに進んでみたけれど、どうも違うような。枝尾根と思われる肩らしきところ。

💢 つづき:経塚山~西の池西端 ④

« 経塚山~西の池西端 ② | トップページ | 経塚山~西の池西端 ④ »

東広島・呉・熊野」カテゴリの記事