« 荒谷山 長楽寺~あさひが丘 ② | トップページ | 荒谷山 長楽寺~あさひが丘 ④ »

2020年4月29日 (水)

荒谷山 長楽寺~あさひが丘 ③

 さてと、いま少しで不動院。その手前に水場。ホースで水が引かれ、コップも置かれていたの014_20200424090601 で、ひと口、飲んでみます。少し癒される。あの子供たちも、飲めたらエエなぁ。不動院からの展望を済ませて、さてと、ここからが、荒谷山の上り本ルートなんじゃ。

 そう、気を引き締めて上る急勾配。標高差200mほど。等高線がキッチリ詰んでいますが、何とかなろう。岩場からの展望を楽しんでしばらく、上から人の声。今度は父子二人組。あいさつを交わします。「この上りはキツかった。この前上った二ヶ城山より厳しい」。

 そう泣きを入れる父さんに、北峰まで行ってきたのかとたずねてみます。すると、その山頂の018_20200424090601先がまた急降になっていたので、諦めて下りてきたとのこと。確か、北峰の向こうはさほど勾配は大きくはないはずじゃから、たぶん、南峰で折り返してきたんじゃの。

 南峰から先でも、そうたいした高低差はないんじゃがのぉ。それでも、これまでの悪戦苦闘に、それが加わるとなると、気分的にシンドイか。ま、人それぞれ。その体力と精神力に合った歩き方で、山歩きを楽しめばエエんじゃ。

 南峰571m。まさしくここは通過点。東尾根ルートをチェックして、北の鞍部へと向かいま019_20200424090601す。西谷ルートをチェックせむとしますが、直近の谷ではなく、かなり進んだところにありました。もうひとつ北側の谷すじじゃった。

 さぁ、あと少しで北峰じゃ。もうひと踏ん張りと思って、上っていると、段になった木の根。ここから爪先を上げきれずに、転倒してしまいます。負傷はしませんでしたが、どこじゃったか忘れたけど、すぐに立てない痛み。

 それで、ほんのひとときの休憩を兼ねて、ゆっくり体勢を立て直します。やがてまもなく、北020_20200424090601峰山頂630.9mへたどり着きました。そこには夫婦ハイカー。いままでコケとったのに、スリーブレス姿で判断したのか、「元気がエエねぇ」と男性の言。

♎ つづき:荒谷山 長楽寺~あさひが丘 ④

« 荒谷山 長楽寺~あさひが丘 ② | トップページ | 荒谷山 長楽寺~あさひが丘 ④ »

アストラムライン北」カテゴリの記事