« 馬ヶ背・畠山?縦走 ④ | トップページ | 呉娑々宇山 畑賀~馬木 ① »

2020年2月10日 (月)

馬ヶ背・畠山?縦走 ⑤

 そこで、ガードの正面北側にあった舗装道路を進んでみましたが、これが行き止まり。ええぃ、せうがない。もうひと上りじゃ。そして、048_20200118170001左へ折れる分岐まで乗り切ってみます。ところが、どうもそこも「16」ではなさそう。わけが分からんようになってきましたが、ま、こうなったら、とにかく、白市駅めざして北へ。

 すると、道は左の山に向かって進み、その麓の道路と合流。ここは、低きへと右へ行くしかあるまい。正面に、別の山が見えるけど、たぶんあれが、川向うの山のはず。そう考えつつ、歩を進めて行きますが、それらしい川がありません。えらい長い道程じゃの。どっか違うところに、行きよんじゃなかろうの。

 じゃが、あの下山ルートを出たんじゃから、乖離したとしても、大したことはないはず。歩いていると、農作業をしている男性。あいさつ051の声をかけると、「今日は暖かいね」との声。それに応じます。それにしても、自分がどこに向かっているのか、未だにハッキリしませんが、それを問う気分にならず。

 何とかなるじゃろ。そう思いながら歩いていくと、右側の丘にある民家の群れ。そして、ふり返ると高台に小谷の団地らしい家々。こりゃぁ、ほぼ予定通りのルートじゃないかの。やがて、前方に学校らしき建物が見えてきっました。さらに右に郵便局。これで、間違いなかったんじゃ。地形図にある川は、この小川じゃったんか。

 やがて、県道を越えて、JRのガードをくぐります。そこを線路沿いに左へと向かいますが、さっきそれらしき建物が目に入った白市駅は、なかなか現れてきません。ひょっとして、道が違うたかのと、疑心暗鬼になったりしますが、もうしばらく歩いたところで、無事到着。ホームに下りると、広島方面からの列車が入ってきました。

 広島方面行ホームに、その列車が入ってくるとは、おかしいの。ここで折り返すんじゃろうか。発車時刻まで時間があったので、ホームの後ろ端で準備していた乗務員らしき人たちに、広島行かどうか確認。乗り込んで、しばらくすると、車内を前方へ向かう運転士らしき女性が、声をかけてくれたので安心。

👀 :(了)

« 馬ヶ背・畠山?縦走 ④ | トップページ | 呉娑々宇山 畑賀~馬木 ① »

東広島・呉・熊野」カテゴリの記事