« 角山連山縦走失敗 志和口~井原市 ② | トップページ | 角山連山縦走失敗 志和口~井原市 ④ »

2019年6月26日 (水)

角山連山縦走失敗 志和口~井原市 ③

 右には、少し「戻り気味の分岐」。これは、前に間違って沢に下りたルートのはず。どうも違うで。そこで、ちょっと戻ってみます。しかし、縦013_20190623111501 走ルートらしい分岐は見当たりません。よし、この先へ進んでみよう。すると、記憶にある690ピーク手前の大きなヌタ場。これは間違いない。そこで、「戻り気味の分岐」に戻って、そこを折れることに。

 うろ覚えの記憶。ピッタリとは行かんが、たぶん間違いなかろぉ。確か、このあたりまでテーピングしとらんのじゃ。そこから道なりに進んで下ります。そして、急勾配の上り。たどり着いたその先に、ビール瓶サークルがあった。動いとらんのぉ。それから上り下りを繰り返しているうちに、「待てよ」と思いつく。

 一番はじめに歩き通したとき見つけたもの、このビール瓶サークルじゃったんかもしれんで。簡単には動かせんじゃろ。ここから、沢へ続く尾根を下りた可能性があります。どおりで、690ピークの西側をいくら探しても、沢ルートへの分岐がなかったはずじゃ。しかし、それを確かめる気力がもはやありません。また今度、歩いたときにでもしよ。

 それからは、マイテーピングが効を奏して、迷うことなく進みます。調子がエエのぉ。自分のしたことが、結構信頼できるんじゃ。そう017_20190623111601自惚れながら・・・。ところがやがて、道のまん中の潅木に貼ったマイテープ。「これは、何のためじゃったろうか」と、心にひっかかりつつも前へ。もちろん、コンパスチェックもして。

 しばらく進んで行くと、かなりヤブっぽい急斜面に。ありゃ、間違えたかの。ここから、戻ってみます。そして、南へ向かう分岐をたどってみますが、どうも、先にある山の様子が違うで・・・。再び、引き返しますが、自らの位置が分からんようになってきました。ここは冷静になって、さっきの中央潅木テープまで引き返してみよ。

 これが、結構な距離。なかなか戻らんかった。それでも、ようやく。そして、周囲を見渡してみますが、他にテープは見当たらんのぉ。こうなったら、最初に避けた急降を下りてみるしかなかろう。そう意を決して、急斜面を下りることにしました。すると、これがまともなルートだったらしく、次のテープ発見。

 これか。これで良かったんじゃ。ヤブっぽいけど、このまま道なりに行ったらエエんじゃの。そう思いながら、歩いていきます。ところがやがて、ちょっと、覚えのあるルート022_20190623111701より勾配が大きいような・・・。それに、どうも山道というより、斜面っぽい。じゃが、さっきも同じような斜面伝いじゃったんじゃ。もはやうろ覚えの記憶には頼れんで。

💣 つづき: 角山連山縦走失敗 志和口~井原市 ④

« 角山連山縦走失敗 志和口~井原市 ② | トップページ | 角山連山縦走失敗 志和口~井原市 ④ »

三篠川流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 角山連山縦走失敗 志和口~井原市 ② | トップページ | 角山連山縦走失敗 志和口~井原市 ④ »