« 白木山・押手山縦走 御木戸~下大林 ① | トップページ | 白木山・押手山縦走 御木戸~下大林 ③ »

2019年1月22日 (火)

白木山・押手山縦走 御木戸~下大林 ②

 このちょっとした過剰摂取が原因で、「このバカやろう」にならにゃぁエエが・・・。大003 丈夫じゃろ。ま、気を引き締めて行くとするか。玖村駅を過ぎたあたりから鬼ヶ城山方向を眺めますが、幸いにも、積雪があるようには見えません。いずれにしても、しかとしたことは、上ってみにゃぁ分らんが・・・。

 下深川駅から乗り継ぎ、白木山口バス停で降ります。白木山駅をめざして、左側にある橋を渡ります。そして、右へ。何度か自転車で来ているので、だいたいの見当はつきます。川向こうのスーパー、そして、こちら岸の立派な寺院。その少し先が確か、駅への導入路のはず。果たして、そのとおりでした。

 駅向こうには、5台ほどのクルマ。白木山登山者じゃろ。いちばん手前に停まったク009 ルマから、緑色のハイカーが降りて歩きだします。追いつかむとしますが、結構速い。当初の距離を保ったまま、御木戸口を通り過ぎました。ほぉ、谷コースを行くんじゃの。そんなことを考えながら登山口に迫る。

 すると、その谷から降りてきた赤ハイカー。おぉ、ちょうどエエ。この男性に聞いてみよう。「山頂あたりに、雪はありませんでしたか」。それに対して、「大丈夫」の答え。「それなら安心して上れる」と返しました。さてと、御木戸登山口。上りはじめは摸木階段が続きます。若いころは、これで音を上げていたことも。

 ここを乗り越えると、さほどでもない。やがて、一合目の標示。まだまだ、これから014 じゃの。それから緩急を繰り返しながら上ります。今日は右尻がほとんど痛まんので、ストレッチ休憩を取る必要がないんじゃが。一昨春、相棒と上ったときのペースと比べてみると、山頂までは5分ほど早かった。

 538ピークはいつ通り過ぎるんかと思うとったら、5合目じゃった。そして6合目から、岩場上りの急坂に。確か、水場がこのあたりじゃったんじゃが。そう思いつつ上ります。ようやく、そこへ到達。「合目」標示が見当たりません。若干のトラバースを経て、再び岩場の急登。しかし、さっきの勾配よりまし。

 やがて、8合目標示。「ありゃ、7合目は?」、やっぱり、あの水場じゃろ。ま、あと9018 合目の次は山頂じゃと、自らを励まします。9合目のすぐ近くに、「上三田ルート入口」の標示。何か違うの。さらにその少し上に見覚えのある入口らしきものがあったが、変えたんかの。前を歩いていた女性ハイカーに、そのことを訴えます。

 しかし、チンプンカンプン。上三田ルートは歩いたことがないらしい。そして、その連れの男性ハイカーが上に。いっしょに歩かんのかの。そのハイカーに、霜は降りとるけど、雪がのうて良かったというと、「今年は雪が少ない」との応え。今まではそうかもしれんが、気象予報士は、雪が多なると言うとったがの。

つづき:白木山・押手山縦走 御木戸~下大林 ③

« 白木山・押手山縦走 御木戸~下大林 ① | トップページ | 白木山・押手山縦走 御木戸~下大林 ③ »

三篠川流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白木山・押手山縦走 御木戸~下大林 ②:

« 白木山・押手山縦走 御木戸~下大林 ① | トップページ | 白木山・押手山縦走 御木戸~下大林 ③ »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ