« 高八山 ③ | トップページ | 坂・水尻・小屋浦 山道被害調査 ② »

2018年7月19日 (木)

坂・水尻・小屋浦 山道被害調査 ①

2018年7月11日
天気:晴れ
気温:28.2~30.2℃(呉)
湿度:62~72%(〃)
風速:1.9~3.3m/s(〃)

矢野新町BS手前10:32-坂駅11:16-水尻駅11:56-小屋浦駅12:39-天地川12:43~12:54(昼食11分)-総頭川14:48-矢野駅15:41-矢野駅入口バス停15:58

 西日本豪雨では、広島でもかなりの被害。そこで、山の様子を調べるため、調査に出Imgp0936_3かけることにしました。矢野駅前までバスが通じているとの情報を得たので、そこから矢野東をチェックして、坂、水尻、小屋浦へ歩いて、各駅を起点に状況をチェックしてみようと決意。いずれも、報道では土砂災害の酷かったところ。

 もっぱら中心的なテーマは、絵下山や頭部のコースが、いったいどうなっているのかということです。ところが、「矢野駅入口」ではなく、「矢野駅前」に停まるバスをチェックして乗ったのにも拘わらず、出発までの待ち時間、運転手にたずねると、「入口」までしか行けないとのこと。さらに、熊野営業所までは3~4時間かかるらしい。

 3・4時間か、なるほど、「熊野川角」の調査ということも考えられますが、もはやImgp0939_3屋浦へ行くマップしか用意しとらんで。それでも、広島市街地からの出だしは、さほど渋滞を感じさせないもの。時の経過じゃろかと、そう思っていましたが、海田大橋料金所の手前から、さっぱり前に進まんようになってきました。

つづき:坂・水尻・小屋浦 山道災害調査 ②

« 高八山 ③ | トップページ | 坂・水尻・小屋浦 山道被害調査 ② »

絵下山系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂・水尻・小屋浦 山道被害調査 ①:

« 高八山 ③ | トップページ | 坂・水尻・小屋浦 山道被害調査 ② »