« 松江北山縦走 ④ | トップページ | 松江北山縦走 ⑥ »

2018年5月16日 (水)

松江北山縦走 ⑤

 しかし、その入口分岐点にあるのは、「枕木山」ではなく「華蔵寺」の案内表Imgp0593示。なるほど、そういうことか。道なりに上っていきます。ところが、しばらく行くと、尾根へ乗り上げるルート発見。ゴムの模擬階段。あまり踏まれてはいないようで、草が生い茂っています。そして、乗り上げたところには、電波塔。

 ところがその先、道が判然としません。「戻るのも、何(難)じゃ」と思いつつ、踏み跡のようなものを探して、それを東へ。しばらくすると、林道が見えてきたので、急勾配の則面にある踏み跡をたどって下り立ちます。その林道の先に尾根が下りていました。こちらをたどった方が良かったかも・・・。

 しかし、それにしても、地図の表示とちょっと違うで。そこから華蔵寺へと下りていきImgp0594ますが、このあたりから、何がなにやら何処がどこやら、分けがわからんようになってきました。とにかく下へと歩いていると、寺の清掃ボランティアか。掃除道具を持った数十人の高齢者とすれ違います。あいさつするのも面倒に。

 まっすぐ下りる方向に、道があってベンチも見えますが、寺のあるらしきところとは、谷を一本隔てています。どうも、これは下山ルートじゃなさそう。右に折れて、寺の前を歩いていると、清掃ボランティアのひとりとふれあうことができました。こちらの身なりを見て、「歩きですか」との問い。

 「大平山から」と答えますが、これはいまひとつピンと来ない様子。そこで、「講武Imgp0601から」と言うと分かったようです。そして、「下りは、このまま進めばいいのですか」とたずねると、是の答え。下りていくと、清掃ボランティアが三々五々上ってきます。あいさつはそこそこにして、大根島の見える仁王門の片隅で、ようやく昼食に。

 気温21.1℃、湿度35%。ファミリーマートのムスビも、結構うまいで。「後は下り一方のはず」と、ちょこっと完歩祝いも。さてと、下りていくか。その先は長い階段、そして、駐車場からすぐに、舗装道路。やがて、大きくカーブして電波鉄塔に。このあたりから脇道かと、入ってみたけれども、その先には道がない。 

 道路に引き返します。まだ先か。しばらくすると、まともな舗装道路に交差、しかれImgp0606ども、この先は結構な勾配坂。疲れた脚には堪えるで・・・。それでもやがて、神社の手前を下りて、ちょっとばかりゆるやかな幹線道路に合流。下りていると、ランニングする中学校の野球部員とすれ違う。

 そして、ふたたびターンしてきた部員に追い越される。枕木山入口バス停に着いたのは、12時11分。確か、予定していた13時58分より早い便は12時59分。これを時刻表で確認。そうか、まだ40分くらい時間があるで。よし、この間、すぐそこの中海まで行って、休憩じゃ。岩礁に座ると、岩の上を這い回る無数のアカダニ。

つづき: 松江北山縦走 ⑥

 

« 松江北山縦走 ④ | トップページ | 松江北山縦走 ⑥ »

松江近郊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松江北山縦走 ⑤:

« 松江北山縦走 ④ | トップページ | 松江北山縦走 ⑥ »