« 広島南アルプスロングコース逆縦走 ① | トップページ | 広島南アルプスロングコース逆縦走 ③ »

2018年3月 8日 (木)

広島南アルプスロングコース逆縦走 ②

 さらにバスも。昼間は1時間に1本くらいしかないのに、ラッシュアワーだからImgp0201でしょうか、7時40分の便。これに、駆け込んだりすることなく間に合いました。そのため、八幡東小学校バス停からの出発は7時52分。こりゃ、余裕がありすぎるで。しかし、押しボタン信号がなかなか青にならないので、ここで少しロスタイムか。

 ポルシェ店には、10台余りの展示。この規模なら、KNOの言うポルシェ・センターではあるまいて。そんなことを思いながら、八幡東登山口についたのは、7時59分で、-16分になってしいまいました。マイナスタイムからの出発じゃが、油断は禁物。何しろこのところの、脚疲労状態のままじゃからのぅ。

 ところが、西峰へと上っていると、さほど違和感がありません。これなら、何とか行Imgp0204けそうじゃ。ピークには8時42分到着、-13分に。まぁまぁじゃろ。しかし、これをキープするために、この先も急ぐ。東峰へのルートは、基本的に低きへと進むので、さほど苦痛はありません。ま、ピーク直前のブルーシート段はありますが・・・。

 今日は遠景が白くなっています。そろそろ春霞じゃろか。鬼ヶ城山へと急ぎます。急坂を上っていると、左方からヒトの話し声。しばらく上っていくと、鬼のさんぽ道を歩く女性2人組みの後姿。軽装のように見えますが、山散歩じゃろか。こちらは、稜線を山頂へと、向います。到着は9時31分と、-10分に縮み。

 こりゃぁ、ゆっくりしとれんで。さんぽ道に下り立つと、少し前方をさっきの女性Imgp0210連。一見、あまり速いそうにはないのですが、これがなかなかのもの。それでも、ようやく追いついて、先行させてもらいます。竹林に近づき、話し声も聞こえんようになったので、もはや、かなり引き離したはず。

 そう思い、所用を足して、その先でチーズムシパンを食べてエネルギー充填。すると、視野の中に例の女性ウォーカーの姿が迫ってきました。やっぱり、思いのほか速かったの。再びあいさつを交わすという距離でもなかったので、そのまま、先行します。どこまで行くのか知らんが・・・。

 こちらは、草沼道から捻れ階段を上ります。一番下の段が曖昧になっているのImgp0212で、209段カウント。315ピークに到着したのは、10時24分。何とか-11分をキープ。柚木城山には10時42分で、ここも-10分。元二重鉄塔から見えるイオン。4月オープンとか聞いとったが、さすがにほとんどできあがっとるの。

 上からしか見ることがないからあまり実感がないけど、電気工事に入ったという友人の話しでは、けっこう広いらしい。さて、難路パノラマルートを上って、展望岩へ。落ち葉が拭き払われていて、歩きやすくなっています。岩に乗り上げたところ、手前左側に、昼食を摂っているヒゲの男性ハイカー。

つづき: 広島南アルプスロングコース逆縦走 ③

« 広島南アルプスロングコース逆縦走 ① | トップページ | 広島南アルプスロングコース逆縦走 ③ »

やまなみコース縦走」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島南アルプスロングコース逆縦走 ②:

« 広島南アルプスロングコース逆縦走 ① | トップページ | 広島南アルプスロングコース逆縦走 ③ »