« 真道山 ③ | トップページ | 烏帽子岩山 天応~ポートピア ① »

2018年1月25日 (木)

真道山 ④

 しばらく上ったところにある練習スタジオという建物の左側に、登山口があるImgp0035とのこと。山頂まで、20分と教えてもらう。そのとおりに進んでいくと、登山口の表示。そして、イノシシ避けのフェンスを通り抜けて、摸木階段。はじめのうちはユル勾配でしたが、だんだん急坂に。しかも、それが結構長く続きます。

 上り甲斐のある坂。コブのベンチを右に見ながら、さらに進んで林道に。さてと、ここからも結構な急勾配の摸木階段。30mほどありますか。ようやく、上りきった山頂には東屋が。時刻は12時48分。ここで昼食にします。山頂の南端には「海軍兵学校 同期の千本桜」の立派な石碑。「平成4年」とあります。

 これは、オムスビを食べながらも考え込んでしまうところ。それにしても、あたりは真っ白。ときおり江田島湾が、霧の切れ目から見えますが、束の間。さてと、下りるか。北側にも摸木階段。こちらはユルめ。それでも、ときには結構な負荷あり。まぁ、上ってきた西側よりはまし。ゆっくりと下りていきます。

 やがて、林道。さらに先ほどの南から延びてきた林道と合流。この尾根道、宇根山の林道に似ている。そう思いつつも、標高が300m足らずなので、町へ下りるのは早い。14時00分発の高速船に間に合うかもしれんと、最終盤は急いでしまいます。もちろん、初めての道なので見当はつかないのですが、何とか13時56分にたどり着き。

:(了)

追記・・・

 ハングウォッチは惨憺たることになってしまいましたが、このところ、充実感を味わった修繕があります。それは、マイ自転車の後輪タイヤとチェーンの交換。どちらも2度目ですが、今回も、初めての気分。ネット情報をさっと見て、それを頭の隅に取り掛かります。タイヤ交換は面倒な割りに順調。

 ところが、チェーンで難渋します。今回はシマノ製。これまで使っていたものと、少し接合の仕方が違うようです。外したものと長さを合わせて、取り付けようとしましたが、何だか短い。キツキツになってしまいそう。そこで、3つほど継ぎ足します。すると、今度はユルユル状態に。山歩きと同じく、途中で投げ出すことはできない。

 手間がかかるのぅと思いつつ、2つ外してみます。ちょうど先ほどつけ加えたらしい部分がめくれ上がっていたので、そこを外すことに。ようやく、全体の構成を戻して、回転させてみます。ちょっとユルめでしたが、何とか調整に成功。自転車は、この微調整が面倒なんじゃ。泥除けやスタンドの位置も考慮して・・・。

 その後、調子は良好。この自転車、量販店で購入しましたが、ギアのチビがないので、結構使えます。今年で9年。次は、受け取り始めた少額年金の5分の2ほどが、若干でも溜まっている予定、そろそろ新車でもと思っています。しかし、前輪タイヤも購入しているので、交換して磨耗するまでには当分かかりそう。

« 真道山 ③ | トップページ | 烏帽子岩山 天応~ポートピア ① »

江田島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真道山 ④:

« 真道山 ③ | トップページ | 烏帽子岩山 天応~ポートピア ① »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ