« 呉娑々宇山 水谷~登石 ① | トップページ | 呉娑々宇山 水谷~登石 ③ »

2017年9月12日 (火)

呉娑々宇山 水谷~登石 ②

 やがて憩いの森駐車場、ひと息ついて水谷峡入口に。さあ上るぞ。削った斜面Imgp9368を左側に歩くと、まもなく谷道へ。敬老広場の水車は回っていませんでした。さて、ここから勾配が大きくなってきます。暑いにもかかわらず、いくつかある滝の水には、いまひとつ手を触れることができません。

 尾根道へ上る分岐を確認。「おそらくこの先は、岩滝山縦走路じゃろ」と心惹かれますが、「そうじゃった、今日は大日如来ルート探索が目的なんじゃ」。「これは、いつかそのうち歩いてみよ」と思い返して、そのまま谷を進みます。やがて、想定以上に南へふれる道。その直下に、この前下りた小広尾根。

 まさか、これを逆方向に下りるとは思いもせんかった。その先の下り道が曖昧じImgp9369ゃったはずじゃ。ルートはずれ。今回は上りなので無事通過して、さらに分岐表示も確認。左へと進みます。改めて「大日如来」の石彫像を間近で眺めてみると、けっこう大きいのぅ。さて、今回はこれを、左に回る道を歩きます。

 ところが、すぐに小さな谷。そして、道がわけ分からん状態に。しかし、よく見ると、棚落ちしたような、九十九折れに木が張られたものがあります。喘ぎながらこれをたどって、「投書箱」。少し下って分岐。これを右から上ってきたのが、従前のルートじゃろか。さて、この先がこの前、ルート探しに苦労したところ。

 今回は、間違えないよう展望岩のウラ、ひとつ上のルートを歩いて行きます。ここImgp9370からもけっこうな勾配が続きます。暑いけぇ、なおさら堪えるわぃ。それにしても、これが案内図にある「初心者ルート」。そう銘打たれているのが、いつもながら不思議。再会橋から上は、かなりハードじゃったで。

 それでも何とか、稜線縦走路に乗り上げます。やれやれ、ここからはユル勾配。ま、そのうち、この「大日如来ルート」も下りてみるか。そんなことを思いながら、呉娑々宇山山頂へと向います。1.2㎞ほどありますが、しかし、これまでと比べたら、多少の上り下りはあるものの、安楽なルート。

 やがて、山頂に到達。しかし、目的はさらに0.5㎞ほど先の「みはらしの丘」。ここかImgp9372らの下りは、ユルいけど、復路の上りを想起させるので、心から楽しめません。ま、これはいつものこと。やがて、「丘」にたどりつきました。木製ベンチがかなり風化していますが、まだ大丈夫。景色を眺めながら、ゆっくり昼食をとります。

 気温26.5度、湿度52%、まとわりつく虫もほとんどおらず快適。さて、下山にかかるか。とは言っても、再び呉娑々宇山山頂までは、しばらく上り。そう思いつつ脚を踏み出すと、南側は木々が伸びて、展望が遮られているのが分かります。何とか、洞所山らしき尖ったピークまでは同定できますが・・・。

つづき: 呉娑々宇山 水谷~登石 ③

« 呉娑々宇山 水谷~登石 ① | トップページ | 呉娑々宇山 水谷~登石 ③ »

呉娑々宇山系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呉娑々宇山 水谷~登石 ②:

« 呉娑々宇山 水谷~登石 ① | トップページ | 呉娑々宇山 水谷~登石 ③ »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ