« 井原荒谷山 ② | トップページ | 三滝山~丸山縦走 ① »

2017年8月20日 (日)

井原荒谷山 ③

 さてと、展望を堪能して、荒谷山山頂へと向います。けっこう長く感じるトラバーImgp9194ス林道。「ダーティ」とはいうものの、未舗装というだけで、そんなに荒れているわけではありません。少し下ったところに、にぎやかなテープとリボン。これか。「取り付きからは、ヤブ漕ぎに近い」との情報を得ています。

 確かに、上っていくと、どこに道があるのか分からない無案内の斜面状態。傾斜も大きく、木を掴まないと身体が上がりません。後半はリボンなどがありますが、それでも難儀なルート。ようやく、山頂らしき、にぎやかテープのあるところ。しかし、「山頂」の表示がありません。おかしい。

 もうひとつ南側のピークじゃったかの。しばらく、点在するリボンに導かれ、鞍部Imgp9204へ下ります。次のコブへ向おうとしますが、尾根を枝が塞いでいます。そこで、右にある林道のような道を進んでみることに。しかし、地形図をチェックしてみると、どうもこの道は、山頂とは無関係らしいようです。

 そのとおりに西まで行って、今度は稜線をたどって戻ります。ここにも明確な道はありませんが、何とか空間をたどって到達したピークらしきところ。ここにも何の表示もありませんでした。これが違うということは、やっぱり、さっきのにぎやかテープが山頂か。戻って、もう一度620の表示をチェックしてみますが、無い。

 まぁ、エエじゃろ。さて、下りるか。上りと逆、途中まではテープがあって、何とかImgp9205。しかし、その先、踏み跡のようなものをたどりますが、やがて、わけ分からん状態に。何とか空間を繋いで、下に林道の見えるところに。赤土の急斜面です。しかし、踏み跡があるので、それをたどって下りていきます。

 すると、にぎやかテープの上り口が10mほど北の方にありました。ま、「コレデイイノダ」。さて、もう尾根歩きは懲りたので、これからは、一気に林道を下山するぞ。フライト場のそばを歩いていると、休憩所に男性が座っているのが見えました。ちょっと距離があるので、あいさつを交わすでもなく通り過ぎます。

 林の間からときおり見える山々を同定しつつ、カーブの塩梅から位置を確認しながImgp9212ら下って行きます。確かに、退屈で長いけど、多分速く進んでいるはず。途中沢に下りて、両肩まで洗い、顔も洗います。冷たくて気持ち良いのぅ。じゃが水質は、ここらが限界か。下りとて、けっこう脚に負荷がかかるので、「生きていて良かった」という気分にはなかなかなれません。

 しかし、鬱蒼とした「武田武将の墓」を左に見ながら通り過ぎて、森から抜け出たときのさわやかな風。気温もさほど高くはありません。「希望の臭い」がしたかどうか定かには覚えていませんが、その風に吹かれて、「最高で~す」の気分に。但し、わずかな時間。そして、幸いにも、予定よりひと便早く、帰ることができました。

:(了)

« 井原荒谷山 ② | トップページ | 三滝山~丸山縦走 ① »

三篠川流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井原荒谷山 ③:

« 井原荒谷山 ② | トップページ | 三滝山~丸山縦走 ① »