« 真山~鳥ノ子山~白鹿山 ② | トップページ | 真山~鳥ノ子山~白鹿山 ④ »

2017年5月10日 (水)

真山~鳥ノ子山~白鹿山 ③

Imgp8854 「前は、これほどコマメには動いとらんかったのに」と思いつつ、しっかりと食べて、「お客様気分」で洗い物も任せます。出発までにかなりの時間。スーパーで買出しをして、何やらNTTとの契約解除に同意が必要とのことで、電話を換わったりします。そして、ようやく、その時刻になったので出発。

 「15時00分松江駅発のバスに、繰り上げることができれば幸いなんじゃが」と思いつつ。島大の東側をたどって北へ向います。奇妙な「>」型の坂を上りきって、テクノパークへ。前方を押し歩いていたジジィサイクラーは、右のスペースへ入りこんでしまいました。さらに、ババァウォーカーとすれ違って、左へ折れます。

 そして、ちょっとばかり彷徨いかけますが、何とか軌道修正して真山登山口。ここで、ムシパンの1個を食べて、景気づけ。ここから、摸木階段を上って尾根へ。割とユル坂。左に白鹿山らしきピークを眺めながら歩いていくと、くたびれた様子の男女ハイカーとすれ違います。右にテクノパークが眺望できる絶壁。

 さらに上っていきます。260mほどとはいえ、結構な道程。やがて、尼子勝久碑のある真山山頂にたどり着きました。ここでひと息。そのまま北へ向う長い稜線Imgp8855の縦走路。コブを乗りこえて進みます。それにしても、さっきからかなりの強風。こりゃぁ、台風通過翌日の窓ヶ山のときよりひどいで。

 鞍部から尾根に乗り上げてもさらに強い風。鳥ノ子山に着いたのは11時37分。ほぼ予定どおりの時刻。ちょっと早いけど、ここで昼食に。東南方面に宍道湖沿岸の平野が見えます。しかし、日本海方面は曇っていて定かではありません。あまり、ゆっくりしたい気分にはなれず、10分間で食べ終えて下山ルートへ向います。

 地形図どおり、どんどん下って、再び上りに。さらに下って、今度はちょっとばかり急な上り。ルートは左方向へ向かいますが、ピークらしきものを巻いています。ならばと、斜面をよじ登ってみます。すると、山頂には「清谷峰(235m)」の表示。下るのも斜面かと思っていたら、まともな山道がありました。

 下りていくと、先ほどの巻き道に合流。上りルートからのみアクセスできる道らしいImgp8858。またいつかそのうち、逆ルート。そして、白鹿山をめざしていると、山道から右側にそれたところに、スリーブレスTシャツを着たハイカー。一見、女性かと思いましたが、あいさつの声をかけているうちに、ジジィハイカーだと気づきます。

 一向にこちらに気づく様子はありませんでしたが、通り過ぎたあたり、三度目の声かけでようやく、あいさつが返ってきます。その先の小鞍部から真山方面を眺めていると、そのスリーブレスハイカーが下りてきましたが、そのまま黙って先行します。思い返すと、少し聞きたいこともあったのにと、心残り。

つづき: 真山~鳥ノ子山~白鹿山 ④

« 真山~鳥ノ子山~白鹿山 ② | トップページ | 真山~鳥ノ子山~白鹿山 ④ »

松江近郊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真山~鳥ノ子山~白鹿山 ③:

« 真山~鳥ノ子山~白鹿山 ② | トップページ | 真山~鳥ノ子山~白鹿山 ④ »