« 経小屋山 岩滝~宮浜 ① | トップページ | 経小屋山 岩滝~宮浜 ③ »

2017年4月11日 (火)

経小屋山 岩滝~宮浜 ②

 10時過ぎに、大野浦駅から歩きはじめます。ところが、この前から駅舎の様子が変Imgp8738わっているので、駅前の道路へ出るのに、何となく違和感。駅の前をすぐ西へ走っている道がいったいどこで、この道路に合流するのか(しないのかもしれませんが)、それが気になって、左側に気を取られっぱなし。

 塩屋登山口方面へ向う交差点を、いつのまにか見逃してしまいます。そのため、線路沿いに進むことに。まぁエエ。このまま行けば、そのうち上の道と合流するじゃろ。とは言っても、遠回りしている気分。国道2号線と合流する踏み切りの手前を過ぎると、道路は北へ曲って、ようやく、上の道路と交差。

 よし!ここからは、覚えのある道。確か、しばらく道なりに進んだあたりに、高架をImgp8739くぐるガードがあったはず。まず、「瑞雲」という石材店のようなところに入る道。これは違ったはず。しかし、どうも、このあたりだったような気がするが・・・。そう思いつつ歩いていくと、道は南西方向へ。高架道からだんだん離れてきました。

 そういえばこの前は、このあたりから引き返したような記憶があるで。しかし、地図をチェックしてみると、いずれそのうち行けるじゃろ。楽観して、そのまま道なりに進むことにします。すると、「石亭」とかいう旅館のある路地に、「経小屋山トレッキングコース」の案内表示。ここじゃろ。

 やや急な道路をさかのぼり、高架をくぐったところが、見覚えのある四つ角。まっImgp8740すぐ行けば、宮浜ルート登山口。さて、今日は左へ。犬の吠える陶芸工房の横を通り抜けて、しばらく上っていくと分岐。まっすぐ進む山道。そこには、「経小屋山登山口」の表示。ここが岩滝ルートの入口じゃ。

 はじめに潅木が倒れかかっているところもありましたが、後は、きちん整備された山道が続いています。やや急勾配。左に、杭の並んだ「砂防ダム」を過ごしたあたりで、前方に岩コブ。「これを上るんじゃろうか」と思っていたら、道は、西側に巻いてコブの裏手から上ることに。そして、振り返ると、大竹から岩国方面。

 そして、宮島の西端が眺められます。さらにその上にあった、石を荒く積んだ岩かImgp8744らは弥山あたりが・・・。やがて岩場を登って、上から眺める「杭の並ぶダム」。先ほどはてっきり「砂防ダム」と思っていましたが、そこには水が溜められていました。左には、連なるナメラ岩が突き出している尾根。

 そして、宮島全体が展望できる岩場。よじ登って進みます。そこからさらに、15分ほど。若干の緩と、それをはるかに上まわる急を経て、鳴川ルートとの合流点に到達。そこには、右へ行くと、「あずま屋(まで)180m」、「山頂(まで)300m」の表示。そして、東屋に着いたのが、11時34分。さっきの分岐から3分。

つづき:経小屋山 岩滝~宮浜 ③

« 経小屋山 岩滝~宮浜 ① | トップページ | 経小屋山 岩滝~宮浜 ③ »

西部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経小屋山 岩滝~宮浜 ②:

« 経小屋山 岩滝~宮浜 ① | トップページ | 経小屋山 岩滝~宮浜 ③ »