« 己斐地獄坂 勾配実測 ① | トップページ | 経小屋山 岩滝~宮浜 ① »

2017年4月 8日 (土)

己斐地獄坂 勾配実測 ②

 NTTの配線調査が早めに終わったので、さっそく、これ幸いと、実測調査に出かけることにします。今日は、あまり無理をせず、ゆるりゆるりと休み休み走る予定。だいたいの計測ポイントは、頭に浮かべて起きますが、キツいと感じるところは、その場に応じて、測定することにします。

 西広島駅の西側踏切を通過。旭神社前の細道を左へ曲って、県道を越えます。しばらく行くと、「光西寺」。「ここからちょっと、キツいんじゃ」と測ってみると3度50分。ん、こんなもんか。そこからは、緩急を繰り返しながらも、比較的安楽に走れる旧道ルート。やがて、沼田別れ交差点への急坂に。

 ここは、このところの初日観望では毎回、挫折しています。途中から、こちらを追い抜いて先行した小学生の変則自転車が上りきります。こちらも、それほどそれを意識したわけではないのですが、何とか上りきることができました。未明の闇の中との違いでしょうか。よう分からんが、とにかく。

 そして、角度をチェックしてみると、10度5分から14度5分。さすがに急坂。さて、ここから先も、これほどではないものの、容赦のない勾配が続くように感じます。しかし、己斐上公民館前は3度5分。そして、国迫団地口交差点のひとつ上にある三叉路を過ぎて、いよいよ難度の上がる坂にさしかかります。

 脚力の弱かった以前は、よくここで止まらざるを得なかった空き地の前で測ると、5度。なるほど。さらに「第三いこいの園」前は、4度。そして、これから先が、3年前までは必ずつまづいていた「いこいの園軽費老人ホーム」を過ぎたところからの急坂。材木小屋の手前で測ると、5度5分。そうじゃろ。

 そこを上りきって、少し緩んだ「第二いこいの園」の見える坂は、3度。さて、ここから己斐ヶ丘病院へ向けてのラストスパート。少し手前のところで、5度。もうひとつ上ったところで、5度5分。いつもここは、立ち漕ぎしないと上れません。おそらく、いよいよ山が迫ってきて、急勾配が続くからでしょう。

 但し、ここが沼田別れ交差点以外での最大値というわけではないようです。己斐ヶ丘病院からもう少し上まで走って、見晴らしのあるところで昼食をとります。さて、帰るか。もちろん、下りは楽。しかし、この時季でも風を切って走ると、少し寒い。スピードが出すぎないよう、セーブしながら下りていきます。

:(了)

« 己斐地獄坂 勾配実測 ① | トップページ | 経小屋山 岩滝~宮浜 ① »

太田川西流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 己斐地獄坂 勾配実測 ②:

« 己斐地獄坂 勾配実測 ① | トップページ | 経小屋山 岩滝~宮浜 ① »