« 窓ヶ山 魚切西~北山道・上奥畑 ① | トップページ | 小田山 あーと村~国草 ① »

2016年8月21日 (日)

窓ヶ山 魚切西~北山道・上奥畑 ②

 久しぶりなので、「ここで良かったはず」と若干の戸惑いを持ちながらも、歩き出Imgp7656すと見慣れた風景が確信に。そして、荒れ果てた西登山口にたどり着きます。急な抉れ道が、次第に尾根上になりつつあるころ、右下に水の落ちる音が聞こえます。ひょっとしたらあれは、東ルートの滝かもしれません。

 やがて、ユル尾根にさしかかり、ひと息つきます。しかし、その安楽も束の間。まもなく、岩場の続く急勾配になります。とは言え、ルートはしっかりしているので大丈夫。息を切らしながらも、何とか稜線に乗り上げます。ここからまだあるはずという、予想に反して、すぐに西峰(711.4m)に到着。

 それにしてもこの暑さ、身体にはかなりの負担です。熱中症予防のため、誰もいなImgp7659い岩の上でひと休みすることに。風が吹いて、汗をかいた身体には心地良い、9分間。
 さて、東峰へ。ひと休みしておいて良かったと思いつつ、急勾配を下りて、キレットの涼岩をながめつつ上ります。

 ジャッキーチェン方式でクサリを上り、東峰に。それにしてもここは、木陰が少ない。しかし、他には誰もいないので、いちばん良い場所を探して座って、オムスビ昼食にします。すばらしい眺めは、西峰と変わりありません。広島南アルプス縦走路が、ずいぶん低く見えます。歩く労苦にはそんなに変わりはないのに・・・。

 さて、下山にかかるか。中央登山道というルートが示されていますが、おそらくImgp7660、途中までは何度も歩いたことのある道。今日は、予定どおり北山道を下りてみよう。山道は、グッと東へ向っているので、ちょっとした違和感。しかし、それに間違いなかろうと従います。ユル尾根から、急坂へ。さらに緩くなったところから先は、危ない摸木階段。

 上ったときは、もう少し緩かったような気もしますが、暑さのせいでしょうか・・・。それでもやがて、未舗装の荒れたガレ林道に下り立ちました。ここに中央道との交差の表示。そのうち、ここを歩いてみるか。まもなく、舗装林道に合流。すぐそばにあった谷川への踏み跡を下りて、水に触れる。冷たくて気持ち良い。

 やがて、上奥畑に下りてきました。民家がポツポツありますが、これから先が長Imgp7666い。平地は日射が強いので、腕と顔にサンオイルを塗っておきます。ようやく、県道に合流。そこからかなり歩いて、第一タクシーの奥畑バス停を確認します。若干、予定より早めに到達しましたが、広電バスとの継続時刻が分からない以上、予定どおり、「こころ」まで歩こう。

 団地の側道に入ってからの方が、長く勾配のある坂が続きます。ようやく、「こころ」に入って、最も近い伴南5丁目のバス停に到着。こんなところに一戸建てを造るのは、お金持ちだろうなぁ。「下流初老」の自分には、もはや縁のない話。バスに乗ってもしばらく、データを書き出す気にならず。

:(了)

« 窓ヶ山 魚切西~北山道・上奥畑 ① | トップページ | 小田山 あーと村~国草 ① »

西部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 窓ヶ山 魚切西~北山道・上奥畑 ②:

« 窓ヶ山 魚切西~北山道・上奥畑 ① | トップページ | 小田山 あーと村~国草 ① »