« 広島南アルプスロングコース逆縦走 ③ | トップページ | 呉娑々宇山 畑賀~馬木 ① »

2016年5月24日 (火)

広島南アルプスロングコース逆縦走 ④

 それを乗りきって、武田山へ着いたのは14時42分。2月に歩いたときと同じように、落Imgp7191ち葉が払われていて、いくぶん歩きやすい急坂を下っていきます。そして、いまだ山名論争に決着の着かないガガラ山へ。ここから、いつものように、武田山を振り返って、ひと息つきます。春山の風景を堪能。

 さてと、山頂の岩場から下りむとすると、急に雨脚が強くなってきました。もはや、カッパなしでは歩くことができないほど。やむなく、リュックから引っ張り出し、シワを伸ばして着込みます。これから岩の突き出した道が続きますが、できるだけ、その上に足を乗せないよう注意しながら下りていきます。

 ようやく、下山口の左折れに、さしかかります。しかし、雨にもかかわらず、気が向いてしまったので、この尾根をまっすぐ進んでみることに。果たしてルートがあるのだろうか。いつでも引き返す覚悟をキープしながら。どうも、墓地が点々とあります。これならおそらく、下り道があるに違いない。

 しかし、尾根の先までは行く気にはならず、中途半端ですが左へ下りることにしました。すると、幅の広い傾斜のある摸木階段を経て下り立ったのは、山へ近づく道路のカーブ地点。ここは、いつも通過する場所。時間的には、そんなにロスはないはずです。そのうちいつか、尾根の先まで探ってみたいもの。

 さて、そこから安東駅までは順調に進んで、15時52分到着。ところが、駅のエレベーター前で、カッパを脱いで収納したり何やらで結構手間取ってしまいます。ホームに上がると大雨に。少し待ったアストラムラインからJR大町駅。ところが、次の広島行きが何と16時30分発。これでは、せっかくの早出が、かなりの帳消し。

 ここで悲嘆に暮れても仕方ない。完歩祝いをして、データの書き出しをはじめます。しかし、何たること、横川駅で乗り換えた山陽本線下りの列車はほぼ満員。すし詰めの一歩手前で、無理やり乗り込んだ身体を回すこともできず。まぁ、ひと駅と辛抱します。もちろん西広島駅では、後ろ向きに列車を降りました。

:(了)

« 広島南アルプスロングコース逆縦走 ③ | トップページ | 呉娑々宇山 畑賀~馬木 ① »

やまなみコース縦走」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島南アルプスロングコース逆縦走 ④:

« 広島南アルプスロングコース逆縦走 ③ | トップページ | 呉娑々宇山 畑賀~馬木 ① »