« 鬼ヶ城山 中深川~上深川 ① | トップページ | 鬼ヶ城山 中深川~上深川 ③ »

2015年10月 5日 (月)

鬼ヶ城山 中深川~上深川 ②

 それでも、市街地の幹線道路を走るよりましと、川沿いの細道を進みます。そして、三篠川との合流点、クルマが走る抜ける道路に突き当たりました。信号も横断歩道もなく、交差点にはなっていないのですが、スキをついて何とか渡りきります。帰りは、夕方遅くならないうちに通らないとたいへん。

 そこからは、三篠川沿いの土手道。ほとんど独走になります。そして、中深川駅が近づいたと思われるあたりで、急に道が狭くなってきました。向こうから、ウォーカーがやって来たので徐行。その人に、駅へのアクセスをたずねてみると、「ここを進んで、はじめての橋を南へ下りたところ」とのこと。

 お礼を言って、そのとおりに走ってみると、見覚えのある駅。ここで、自転車を下りて、先ほどの橋へと歩いて戻ります。そして川を渡って、登山口へ。右に大きな寺をやり過ごし、地形図のルートに忠実に、東北東へと緩やかな坂を進みます。何の案内表示もないので、森の入り口を登山口と見なすことに。

 しばらく進んだところで、分岐がありました。山側になる左側を選びますが、結局、先で合流。しかも、そこにあった若干の段差に、滑り転げてしまいます。さらに進んだところに、西への方向表示が木の根元に立てかけられていました。しかし、何が書いてあるのか、かすれていて解読不能。

 それは当てにせず、さらに東へと歩きます。だんだんシダヤブっぽくなってきましたが、ようやく林道に到達。さて、その先の登り口を探します。あちこちに、踏み跡のようなもの。その内から、歩きやすそうなのを選んで上ってみます。すると、上方の岩場を右から左へ走り抜けるシカ。おッ、道があるのか。

 よじ登ってみますが、岩が反り立っています。しばらく、上を狙いつつ、難儀なところを平行移動してみますが、どうにもまともな山道はありそうにない。さすが、四足動物。これは、一度林道に戻ってみる以外になさそうです。歩き進んだ斜面からそのまま、けもの道のようなところを下りていくことに。

 林道を道なりに上りながら、尾根に至る道がないものかか探しますが、それらしきものは見当たりません。やがて、ヘアピンカーブの先端になる谷に、テント発見。開けっぴろげの休憩所のような感じです。家具のようなものがありますが、誰もいません。その谷の奥を覗いてみると、道がありました。

 これが、地形図に記載されている谷ルートに違いない。ここを上ってみることにします。沢沿いに続く道のようなもの。まれにあるテープが頼りです。ときどき、分からなくなりますが、それでも、何とか探し出しながら進みます。何度か、冷たい沢の水で顔や腕を湿らせつつ。割とユル坂ですが、けっこう長い道程。

つづき:鬼ヶ城山 中深川~上深川 ③

« 鬼ヶ城山 中深川~上深川 ① | トップページ | 鬼ヶ城山 中深川~上深川 ③ »

三篠川流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼ヶ城山 中深川~上深川 ②:

« 鬼ヶ城山 中深川~上深川 ① | トップページ | 鬼ヶ城山 中深川~上深川 ③ »