« 休山 見晴~阿賀 ② | トップページ | 休山 見晴~阿賀 ④ »

2015年9月 7日 (月)

休山 見晴~阿賀 ③

 この丘を北東へ向かうと、舗装された山道。林の中を進む、まさに文字通りの「林道」です。しばらく進むと、砲台の関連施設でもあったのか、真ん中が窪んだ広々とした緑地に。そこから先は、イノシシの掘り返しあり、倒木ありの荒れ道になりました。やがて、「本」林道に合流。ここからしばらくは、ユル坂です。

 ヘアピンカーブの手前で、山道入り口発見。当初推定していた場所より、北にありました。さて、と思っているところへ、林道を男性が下りてきました。ハイキングスタイルではありませんが、「湿気があって、暑いね」などと、声をかけあいます。こちらは、これから上るところ、「頑張って」の激励を受けます。

 尾根に至るまでは急坂。平山コブ、鞍部を過ぎて三津峰山へ向かいますが、途中で、慰霊塔のある広場に。天宝山というらしい。林道への分岐をやり過ごして、北東へ向かう山道を進むと、東屋。自衛艦の桟橋が見えます。そして、しばらくすると三角点。おそらく、ここが380.2ピークでしょう。

 さらに進んでいくと、「大入」というトラウマを伴う名前のついた右折点。前方はヤブなので、仕方なく、これを下りてみます。50m以上はありそうな坂。いったん林道に接して、今度は、日佐護山ルートに。稜線に乗り上げるまでは、ここも急坂ですが、甘んじて上ります。稜線を歩いていると、右下に林道。

 いったん林道に接したところで、左側に日佐護山入り口。ここからは、ヤブ状態になります。かき分けて上っていると、前方に霧にかすんだ山が見えます。日佐護山山頂(419m)は、ルートから少し外れた林の中。近くに若宮神社という社があるらしいのですが、それらしいものは見当たりません。

 それにしても、荒れ放題。南側の休憩所もひどいもの。下山ルートもほとんどヤブ。何とか林道に下りて、神社の左横から山道に入ります。ここからは、下りたことのある道ですが、ここも、しばしヤブ。少し入っていくと、階段道から、稜線に。ここからは、いくつかコブがあって、起伏のあるきついルート。

 林道に出て、ほぼ正面の入り口から尾根に乗りあげます。そして、石階段を上り、稜線を進むと、再び林道。次の山道入り口も、てっきり正面にあるものと思い込んで、そのあたりを探しますが、ありません。もう一度、下りた広場を振り返ってみると、「左70m先」との案内表示がありました。

 それにしたがって、ゆるヘアピンカーブ林道の左側へと進んで、ようやく登り口を発見。ややヤブ気味の道をかき分けて、ようやく休山の展望東屋に到着です。一応、山頂表示まで行って、タイムチェック。時刻は13時15分でした。無人の東屋へ戻って昼食タイムとします。気温24.1℃、湿度81%。

つづき: 休山 見晴~阿賀 ④

« 休山 見晴~阿賀 ② | トップページ | 休山 見晴~阿賀 ④ »

東広島・呉・熊野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休山 見晴~阿賀 ③:

« 休山 見晴~阿賀 ② | トップページ | 休山 見晴~阿賀 ④ »