« 大正15年秋口にあったという山本川の大水害 | トップページ | マイ・ケータイは古鷹山近くに落ちていたらしい »

2015年3月 6日 (金)

山歩きの途中で落としたケータイが拾われていた

江田島署行きウォーキング 

天気:曇りときどき晴れ一時小雨
気温:9.0~17.1℃
湿度:51~75%
風速(広島):3.4~6.5m/s
 

《2015年1月7日》
切串港12:31-江田島署14:10~14:19(手続き9分)-林道口14:51-ソロプチミストの森口15:32-切串港16:19

 クマン岳・古鷹山コースを歩いたときに、どこかで紛失したケータイ。ほとんど諦めていましたが、何と幸いなことに、江田島警察署から保管しているとの連絡。さっそく受け取りに行くことにしました。ところが、今日は本来休みなのですが、1月のイレギュラーな勤務で仕事。半日しか使えないので、どのルートにするか散々悩みます。

 それにしても、広島中央署に紛失届けを出していたので、県警内部のやり取りで、こっちに送ったりすることはできないのだろうかとも思いましたが、考えてみれば、品物の搬送には費用が伴います。通信販売で商品を購入したわけではなく、こちらの過失で落としたものですから、自費で取りに行くのは当たり前のことか。

 そう納得して、せっかく行くんだから、谷ルートを上り古鷹山経由で行って、林道を通って帰るか。それとも帰りを国道にするか。しかし、いずれにしても、山歩きを入れると5時間以上かかる。それに、署での受け取り手続きや、拾ってくれた人への謝礼にかかる時間を考えると、帰宅が19~20時ころになりそう。

 時間短縮になる職場からの直行は、シューズや服装などの準備があって難しい。自転車行も考えましたが、確かに早いことは早いけど、わざわざ江田島まで渡るのに、行って帰るだけではつまらん。そこで、国道487号線をピストンすることにしました。ウォーキングでは、最も時間がかからないはず。

つづく:

« 大正15年秋口にあったという山本川の大水害 | トップページ | マイ・ケータイは古鷹山近くに落ちていたらしい »

江田島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山歩きの途中で落としたケータイが拾われていた:

« 大正15年秋口にあったという山本川の大水害 | トップページ | マイ・ケータイは古鷹山近くに落ちていたらしい »