« 水音に振り返ると、はるか向こうの山腹に滝 | トップページ | 縦走への挑戦にもかかわらず初っ端から道迷い »

2015年3月31日 (火)

野貝原山稜線付近の難儀さに少し気持ちが引く

野貝原山 明石~つゆ太郎

天気:曇りのち晴れ一時雨
気温:6.1~12.0℃
湿度:46~60%
風速(大竹):0.6~3.0m/s

《2015年2月4日》
明石バス停9:22-道迷いロスタイム9:28~9:48(20分)-登山口9:59-雨宿石10:39-野貝原山11:10-林道宮島展望箇所12:06~12:22(昼食16分)-下山路入口12:38-つゆ太郎13:37-下山口13:56-廿日市駅14:42

 先週、好天にもかかわらず久々の強い腰痛のため、痛恨の思いで断念した野貝原山~極楽寺山縦走。18㎞余のロングコースですが、次こそ挑戦してやろうと、意気込んでいました。ところが、いざその朝になると、野貝原山稜線までの不明瞭な急坂が頭をよぎったりして、若干気持ちが引きます。

 しかし、ここで臆するわけにはいかないと起きて、着々と準備を進めます。ここ数日、雨は降っていませんが、里山ではあっても、その様子は平地では計り知れません。山頂付近には、雪が残っている可能性があるので、念のためにアイゼンをリュックに詰めておきます。さらに、18時台には、1㎜の雨が降るという予報。

 その頃は、すでに下山しているつもりですが、天候の変化が前倒しになることはしばしば、上半身だけのカッパも持参することに。そして、まだ完全に癒えていない腰痛対策として、腰腸肋筋と中殿筋にキネシオテーピング。ついでに、左膝上部の外側広筋と内側広筋にも貼っておきます。

 スポーツドリンクとお茶、コーヒーも、ロングコースに対応する量を準備して出発。そうそ、それから、トレッキングシューズにも、もしものときのために防水スプレーをしっかり吹き付けておきました。今日は、余裕をもって西広島駅へ向かいます。列車はすいていたので、ゆったりと座ることができました。

つづき: 縦走への挑戦にもかかわらず初っ端から道迷い

« 水音に振り返ると、はるか向こうの山腹に滝 | トップページ | 縦走への挑戦にもかかわらず初っ端から道迷い »

西部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野貝原山稜線付近の難儀さに少し気持ちが引く:

« 水音に振り返ると、はるか向こうの山腹に滝 | トップページ | 縦走への挑戦にもかかわらず初っ端から道迷い »