« ここを歩く物好きなプアは他におられますまい | トップページ | 雨にもかかわらず送電線の上で作業する人たち »

2015年1月10日 (土)

「明日は縦走」と忘年会を早めに切り上げる

広島南アルプス・ショートコース順縦走

天気:晴れのち曇り
気温:14.5~17.8℃
湿度:63~86%
風速(広島):2.6~4.9m/s

 広島南アルプス縦走の日。今日は、武田山から鈴ヶ峰東峰までの順ショートコースを歩きます。前夜は職場の忘年会。忙しくて、普段なかなか話をする機会もないので、延々と続きそうな雰囲気でしたが、「明日は縦走」と言って、21時に切り上げさせてもらいました。これでも、ずいぶん遅くまでつきあった気分。

 歩き出しは、古市橋駅からの生活道を迷うことなく、花みずき台へ。登山口は相変わらずヤブ戻り状態です。七九谷・谷ルートから尾根ルートへと、若干まごつきながらも乗り上げます。コブのベンチは見過ごしてしまい、谷道へと合流しました。何回も歩いているのに、夫婦杉から先は若干、道が不明瞭に。

 しかし、八幡水から左への道は確実にたどります。そして、分岐広場に乗り上げて、直登ルートを上っていきます。やがて、左右分岐に。これまでは、少しでも山頂に近い方向へと、大岩方面に向かう左の道を選んでいましたが、今回は右側を進んでみます。左側には摸木階段があるのですが、こちらは滑りそうな土の急坂。

 何とか上りきったのは、見覚えのあるところ。そうそ。ここは何度か歩いたことのある、見張り台への案内表示のあるコブでした。今回は上りだから、忍者道のあるこのルートを通ることにします。たどり着いた武田山山頂(410.5m)には、「誰もおらんのかのぅ」と思っていたら、ちょうどそのとき、西側から男性ハイカーが。

つづき:雨にもかかわらず送電線の上で作業する人たち

« ここを歩く物好きなプアは他におられますまい | トップページ | 雨にもかかわらず送電線の上で作業する人たち »

やまなみコース縦走」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「明日は縦走」と忘年会を早めに切り上げる:

« ここを歩く物好きなプアは他におられますまい | トップページ | 雨にもかかわらず送電線の上で作業する人たち »