« 朝起きてみると自転車のタイヤがペチャンコ | トップページ | ほとんど垂直に近い玖波行者山の岩場を登りきる »

2014年12月19日 (金)

結局、前輪のタイヤを交換することになってしまう

 何とか、集合時間までには間に合いそうなので、いつものセブン・イレブンで、ホットコーヒーを飲んで、職場にたどり着くことができました。ここまでで、結構な疲労。それでも、いつものように仕事をこなしているうちに、体温が上がってきて、気分が回復してきました。それにしても、パンク修理を優先せんといけんなぁ。

 とすると、ハイキングの出発時刻が少し遅くなるかもしれん。そこで、仕事を終えた帰りに、打ち上げの一杯を飲むことにします。何とでも理由は考えられるものです。しかし、気が張っていた行きと違って、帰りはやけに自転車が重い。特に橋を渡るときは大変でした。やっぱり、バッテリーなしの電動自転車はキツイ。

 家に帰ってから、すぐにマイバイクを行きつけの500mほど先の自転車屋に持っていきます。パンクといっても、タイヤが破裂したような状態ではないようので、このくらいの距離ならと、タイヤに空気を入れなおしてみます。すると、何とか持ちそうなので、そのまま漕いで行くことにしました。

 パンク修理を依頼して、「タイヤ交換はまだ早いでしょう」と店主にたずねたら、「まだ大丈夫」という返事に安心。ところが、毎日職場の往復に10㎞走っていると言うと、そんなにハードに使うのなら、タイヤの割れ目を示して、「換えたほうがエエですよ」とのこと。その場合も想定していたので、素直に従うことに。

 その後、相棒とMTCの自転車にも、空気を入れてチェーンに油をさしておきました。整備が悪いと、いざというときに困ってしまう。思いついたときにチェックすることにするか。そして、さらに母の昼食の買い出しなどをすると、かなりの仕事量に。さて、これから、山歩きか。どうしたものかという気持ちが働きだしますが・・・。

 しかし、次の水曜日は、検診ドックの日程を入れているし、天気もあまり良くはないけど、やっぱり、行くことにしよう。そこで、玖波駅までの長い道中、列車の中で身体を休めます。到着は13時すぎ。昼飯は上りきってからにするかとも考えましたが、4時過ぎに朝食をとった後、何も食べてない。

 ここまで来たら止めることは、よっぽどのことがない限りありえませんが、ともすれば萎えそうな気力を充実させるためにも、まずエネルギー補給を優先することに。閑散とした駅の待合室で、持ってきたオムスビを食べることにしました。当然ながら、風景は期待できないので、いつもながら、黙々と。

つづき:ほとんど垂直に近い玖波行者山の岩場を登りきる

« 朝起きてみると自転車のタイヤがペチャンコ | トップページ | ほとんど垂直に近い玖波行者山の岩場を登りきる »

西部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結局、前輪のタイヤを交換することになってしまう:

« 朝起きてみると自転車のタイヤがペチャンコ | トップページ | ほとんど垂直に近い玖波行者山の岩場を登りきる »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ