« どんどんコースの結末は思いもしない悲惨なことに | トップページ | うろ覚えでも何とか観音堂跡登山口にたどりつく »

2014年11月30日 (日)

日程を調整してようやく日浦山を歩くことに

日浦山 観音堂跡~Aルートひまわり観音

天気:晴れ
気温:21.4~24.0℃
湿度:46~63%
風速(広島):1.9~2.7m/s

安芸中野駅14:18-観音堂跡口14:34-半次郎丘14:25-258ピーク14:57-Cルート分岐15:04-日浦山15:20~15:27(休憩7分)-地獄岩15:37-ひまわり観音口16:05-海田市駅16:16

全行程:5km 1時間51分(休憩時間除く) 2.70㎞/h
ハイキング:2.9㎞ 1時間24分( 〃 ) 2.07㎞/h
 △(日浦山まで):1.5㎞ 46分 1.96㎞/h
 ▽(日浦山から):1.4㎞ 38分 2.21㎞/h

 何と、前回以来16日ぶりの山歩き。定例の今週水曜日は、スポーツジムが無料体験Imgp3830_edited開館のため仕事になってしまいました。その日午後からなら行けないこともなかったのですが、この週はマイトレーニングが祝日の関係で3日となる中途半端。そこで、ホテルの宿泊予定数が少ない土曜日に的を絞ります。

 ところがどっこい。土・日には宿泊者が急増して、ベッドメイクの仕事。結局、その週は山行きができないことになってしまいます。それでも、まぁ一週くらいは仕方ないかと思っていたら、さらに非情なことに、翌週水曜日にもベッドメイキング。ここまでくると、山歩きに飢(かつ)えた状況に。あまり長く休むと脚の筋力が衰える。

 そこで、母の通院介助のためベッドメイキングを休む今日、昼から山へ出かけるこImgp3840_editedとにします。ところが、昨夜早めに寝たのにもかかわらず、朝起きたときの体調が今ひとつ。そこで、昼の体調と気分で判断することにします。そして、考えていた玖波行者山岩登りへの挑戦は捨てて、比較的近くて短時間で上れる日浦山が浮上。

 清掃の仕事をはじめると、だんだん体温が上がってきたためか、気分が盛り上がってきました。「これなら大丈夫」と、行くことに決めます。昼飯を食べると、少し心がくじけそうになりますが、それでも、わが身を鞭打って出かけます。西広島駅に着いたのは、JRのダイヤを見て後から推測すると、13時半ころ。

つづき:うろ覚えでも何とか観音堂跡登山口にたどりつく

« どんどんコースの結末は思いもしない悲惨なことに | トップページ | うろ覚えでも何とか観音堂跡登山口にたどりつく »

瀬野川流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日程を調整してようやく日浦山を歩くことに:

« どんどんコースの結末は思いもしない悲惨なことに | トップページ | うろ覚えでも何とか観音堂跡登山口にたどりつく »