« 舞い上がる土埃、顔を伏せ気味に可部線沿いに走る | トップページ | 県道77号線をダンプの走行に注意しながら進む »

2014年9月 7日 (日)

岳山西側にある姫路垰を北から南へ歩いてみる

姫路垰を北から南へ歩き抜ける

天気:快晴
気温:23.7~28.1℃
湿度:51~70%
風速(広島):1.1~4.4m/s

幸の神バス停12:45-城下橋口13:00-千年スギ分岐13:06-東肩13:26-のしろ台13:30~13:46(昼食16分)-東肩13:49-くすの木台口14:17-姫路垰北口14:37-姫路垰15:08-林道口15:14-大下バス停15:52(推定)

全行程:8.3㎞ 2時間51分(昼食休憩除く) 2.91㎞/h
ハイキング:5.1㎞ 1時間58分( 〃 ) 2.59㎞/h
 △(のしろ台まで):1.0㎞ 30分 2.00㎞/h
 ▽(のしろ台から):4.1㎞ 1時間28分 2.80㎞/h

 土砂災害支援のボランティアに参加したいと思っていましたが、そのセンターにImgp3494_editedなっている社会福祉協議会に連絡してみると、朝9時からの受付で、場合によってはすぐに定員に達することもあるとのこと。これでは休日にしかムリ。ということで、今日は「ミソギ」を済ませてはいないけど、仕事を終えて昼前からハイキングに出かけることに。

 この前から計画していた、姫路垰の探索をすることにします。しかし、せっかく遠くまで行くのに、それだけでは少し物足りない。いったん岳山に上り、くすの木台ルートを下りて、県道をまわって、北側からの姫路垰踏破に挑戦します。しかし、垰南側の様子からすると、きちんとした道があるのかどうか心配ですが。

 それに、阿武山からそんなに遠くないこの岳山、先日の大雨で、登山道がどうImgp3503_editedなっているのか。確認しながら挑みたい。くすの木台行きの広電バスは、ネットで調べたところ、通常運行していました。朝のプランニングを間違えて、出るのが少し遅くなってしまい、ギリギリにバスセンターに到着。すでに2番にはバスが発車を待っていました。

つづく:県道77号線をダンプの走行に注意しながら進む

« 舞い上がる土埃、顔を伏せ気味に可部線沿いに走る | トップページ | 県道77号線をダンプの走行に注意しながら進む »

アストラムライン北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岳山西側にある姫路垰を北から南へ歩いてみる:

« 舞い上がる土埃、顔を伏せ気味に可部線沿いに走る | トップページ | 県道77号線をダンプの走行に注意しながら進む »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ