« 今年は梅雨が明けていないのではと言いたくなる | トップページ | 丸山観音堂のすぐそばで山を削るショベルカー »

2014年8月19日 (火)

前回ボウッと見過ごしてしまった竹林の存在を確認

三滝山・丸山時計回り縦走

 さて、ここから三滝寺までの長い坂道。まぁ、往路なのでさほど苦痛には感じImgp3407_editedません。沿道にもクルマが停まって、墓参に来た人たちが降りたり乗ったりしています。寺に入ったところで、いつもの可愛らしい地蔵様をチェック。山道めざして上ります。このところの雨のせいか、水の流れに勢いがあります。

 噴きだしている水に触れて、山道へ。やはり砂防ダムまでは、谷川沿いの道でした。滑りそうな苔むした岩を踏むところも記憶に新しい。しかし、砂防ダムの手前で合流する道のようなものを見つけました。定かではないのですが、ひょっとしたら、谷川に入る前に分岐する別のルートがあったかも。

 いずれにしても、ほんの短い距離。大勢に影響はありません。ダムからは、覚Imgp3411_editedえの確かな道。交互に谷川を越える三本ほどの木橋を渡りながら、背の高い森を抜ける緩やかな谷道です。やがて、この前見過ごしてしまった竹林に行き当たります。あのときは、脱水状態で、頭がボゥッとしていたのでしょか。

 この竹林から急坂。ちょっとした岩場も過ぎて、尾根に乗りあげます。勾配が緩く、歩きやすくなりましたが、雨がポツポツ落ちてきました。下りてくる静かな男性ハイカーとすれ違います。コンパスを忘れたので、方角がハッキリしませんが、送電鉄塔の手前の尾根から見える美しい緑は、三滝山の稜線のようです。

 しばらく歩いたところで、少年自然の家ルートとの合流点に到達。ここから三滝Imgp3416_edited山山頂方面に向けて、やや急坂になります。左右に分岐した道、今回は左側を進んでみます。崩れかけたところもある模木階段。途中の木枝ベンチのある展望所からは、霞んだ小茶臼山を眺めることができます。

 さらに歩いて、先ほど分れた道の合流点。そこから、しばらく続く急坂を上りあげます。そして、ゆる坂になったところで、丸山方面への分岐に到着。12時10分でした。この分では、丸山山頂での昼飯は、13時過ぎ頃になるかもと思いながら、鍬投垰へと下りて行きます。急坂といえども、弓場跡~水越垰ルートほどではない。

 途中から、雨足が強くなってきましたが、そのまま下りて行きます。ところが、急Imgp3420_edited坂のため足の進め方が鈍るのを見計らってか、ウシアブがまとわりついてきました。手で叩きますが、いまひとつとどめを刺すには到らず。タオルを振り回して追い払います。しかし、蚊は避けられず、大きなホロセが何ヶ所か。

 しかし、アブも蚊も道の状態が変わるにつれて姿を消していきました。送電鉄塔を過ぎると、下草が生い茂った道。溜まっている雨水がズボンを濡らします。それでもまだ、シューズの中に沁みこむほどではないので、暑さの中では、それも冷たくて気持ちいい。鍬投垰の出口まで、そんなヤブが続きます。

つづき:丸山観音堂のすぐそばで山を削るショベルカー

« 今年は梅雨が明けていないのではと言いたくなる | トップページ | 丸山観音堂のすぐそばで山を削るショベルカー »

太田川西流域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前回ボウッと見過ごしてしまった竹林の存在を確認:

« 今年は梅雨が明けていないのではと言いたくなる | トップページ | 丸山観音堂のすぐそばで山を削るショベルカー »