« 坂町図書館でも調べきれなかった天地垰の歴史 | トップページ | 傘山西尾根ルートも朽ちたクモの巣とシダヤブ戻り »

2014年7月14日 (月)

歩きはじめの谷道でテープを見失って彷徨う

傘山~行者山縦走

天気:うす晴れのち曇り
気温:22.3~30.6℃
湿度:51~78%
風速(大竹):1.5~2.8m/s

玖波駅9:16-メープルヒル病院口9:26-西山社9:32-憩の森10:13-谷和林道10:33-傘山西尾根ルート口10:50-分岐11:35-傘山西コブ11:52~12:11(昼食19分)-傘山山頂(東コブ)12:14-展望岩12:24-谷和林道13:13-玖波槍13:45-行者山13:57-石鎚神社口14:32-玖波駅14:50

全行程:11.1㎞ 5時間15分(昼食休憩除く) 2.11㎞/h
ハイキング:9.0㎞ 4時間47分( 〃 ) 1.88㎞/h
 △(傘山西コブまで):5.1㎞ 1時間26分 3.56㎞/h
 ▽(傘山西コブから):3.9㎞ 2時間21分 1.66㎞/h

 先週順延した傘山・行者山縦走コースを歩きます。今回は、メープルヒルImgp3197_edited病院口からまっすぐ憩の森へ出て、大膳川に沿って上流へ歩き、谷和林道を経て西尾根ルートを傘山へ上ります。そして、東尾根ルートをたどって下り、再び谷和林道を横切り、そこから、野性味あふれる尾根ルートを歩いて、最後に行者山山頂を踏むことにしました。

 ルートの重複を避けるため、メープルヒル病院口へは、玖波駅から西回りのルートを歩きます。恵川を渡ると、舗装道路とはいえ、かなりの勾配。病院のそばを過ぎると、すぐに登山口の案内表示がありました。道端に咲いた美しいガクアジサイを眺めながら歩くと、まもなく西山社に到着。

 そこまでは歩きやすかったのですが、ここから予想どおり落ち葉の溜まったImgp3201_edited道。やがて、道のようなものをたどって森の中を進むことになります。ところが、最後にテープをチェックした後、道らしきものが見当たらなくなってしまいました。その先にも道はなさそうなので、テープまで引き返してみることにします。

 すると、その左側進行方向にテープを発見。こっちか。どうも、これまで右側にばかり気をとられていたようです。指示に従って進むと、小川を越え、斜面をシャトルする道に。しっかりしています。やがて、「崩壊箇所」に出てきました。土砂崩れの跡。谷川には何の障害物もないので、落ちたら下まで行きそう。慎重に歩きます。

つづき:傘山西尾根ルートも朽ちたクモの巣とシダヤブ戻り

« 坂町図書館でも調べきれなかった天地垰の歴史 | トップページ | 傘山西尾根ルートも朽ちたクモの巣とシダヤブ戻り »

西部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩きはじめの谷道でテープを見失って彷徨う:

« 坂町図書館でも調べきれなかった天地垰の歴史 | トップページ | 傘山西尾根ルートも朽ちたクモの巣とシダヤブ戻り »